子宮頸がん予防ワクチンのお知らせ

更新日:2022年9月27日

キャッチアップ接種(積極的勧奨差控えにより接種機会を逃した方への対応)について

積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方(平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの方)については、国において公費により接種機会を確保する方針が示されました(キャッチアップ接種)。
これまでに子宮頸がん予防ワクチンの接種歴がない上記対象の方に対し、6月下旬に予診票を送付する予定です。
接種をお急ぎの方は、外部サイトへリンク中央区保健所(外部サイトへリンク)外部サイトへリンク日本橋保健センター(外部サイトへリンク)外部サイトへリンク月島保健センター(外部サイトへリンク)で予診票等を交付しますので、母子健康手帳を持参のうえご来所ください。

注記1:過去にワクチンを1回または2回接種した後、接種を中断し、3回接種を完了していない方については、予診票は送付されません。残りの回数の接種を希望される方は、外部サイトへリンク中央区保健所(外部サイトへリンク)外部サイトへリンク日本橋保健センター(外部サイトへリンク)外部サイトへリンク月島保健センター(外部サイトへリンク)で予診票等を交付しますので、母子健康手帳を持参のうえご来所ください。
注記2:自費でワクチンを接種された方や接種完了後に転入された方については、区で接種歴が確認できないため、予診票等が送付されますが、3回を超えて接種はできませんのであらかじめご了承ください。

また、子宮頸がん予防ワクチンを自費で接種した方への接種費用の助成を行います。
詳細は以下をご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨再開について

子宮頸がん予防接種は、平成25年4月1日に定期予防接種となり、無料で接種を受けられるようになりました。
しかし、接種後に多様な症状が見られたことから、厚生労働省の通知に基づき、平成25年6月から積極的な勧奨(個別に接種を勧める内容の文書を送ること)を一時的に差し控えていました。
その後、最新の知見を踏まえ、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないこと、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ること等が認められたため、令和3年11月26日に厚生労働省から通知があり、令和4年4月より積極的勧奨を再開することが決定しました。
区では、令和4年3月下旬に対象者の方に予診票等を送付しました。

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がんは、子宮の入口にできるがんで、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」の感染が主な原因です。子宮頸がんは、若い女性に多く見られ、特に20代から30代の女性で増えています。HPVに感染しても、多くの場合、ウイルスは自然に排除されますが、ウイルスが排除されずに感染が持続すると、数年から数十年かけて、前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症することがあります。
ワクチンを接種することで、HPV感染を防ぐとともに、子宮がん検診によって前がん病変を早期発見することで、子宮頸がんを予防できます。

対象・内容等

対象者

区内在住の小学校6年生から高校1年生相当の年齢までの女性
(高校1年生の年度末まで)

接種費用

無料

対象ワクチン

子宮頸がん予防ワクチン(国内承認ワクチンに限る)

接種場所

区内実施医療機関
23区内の各区契約医療機関でも接種できます。その区の保健所にお問い合わせください。

  • 注記1:事前に電話でご予約をしてください。その際に取り扱っているワクチンの種類を確認し、1回でも接種したことがある方はどちらのワクチンを接種したかを伝え、同じワクチンを接種してください。
  • 注記2:なるべく同じ医療機関で3回接種してください。

医療機関の削除

医療機関名:安江レディースクリニック

住所:東京都中央区日本橋小舟町15番15号4階
電話:3667-0085
土曜日、日曜日の実施:土曜・日曜 ともに実施なし

医療機関の追加

医療機関名:ANDキッズクリニック日本橋

住所:東京都中央区日本橋堀留町2丁目6番6号 ライフサイエンスビル7階
電話:6810-9059
土曜日、日曜日の実施:土曜・午前のみ、日曜・実施なし

医療機関名:小伝馬町こどもクリニック

住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13番8号 メディカルプライムビル日本橋小伝馬町2階
電話:3662-5591
土曜日、日曜日の実施:土曜・午前のみ、日曜・午前のみ

医療機関名:はなももキッズクリニック東日本橋

住所:東京都中央区東日本橋3丁目11番8号 MKT東日本橋ビル3階
電話:6810-8722
土曜日、日曜日の実施:土曜・午前のみ、日曜・実施なし

医療機関名:ザ東京タワーズクリニック

住所:東京都中央区勝どき6丁目3番2号102 ザ東京タワーズミッドタワー1階
電話:3534-9002
土曜日、日曜日の実施:土曜・午前のみ、日曜・午前のみ

医療機関名:エナ女性クリニック日本橋

住所:東京都中央区日本橋小舟町15番15号4階
電話:3667-0085
土曜日、日曜日の実施:土曜・日曜 午前、午後とも実施

医療機関名:M'sレディースクリニック

住所:東京都中央区勝どき4丁目8番2号 1階
電話:3536-3100
土曜日、日曜日の実施:土曜・日曜 午前のみ

医療機関名:THIRD CLINIC GINZA

住所:東京都中央区銀座2丁目4番18号 アルボーレ銀座4階
電話:6263-2231
土曜日、日曜日の実施:土曜・日曜とも終日実施

実施状況の変更

医療機関名:有明こどもクリニック勝どき院


土曜日、日曜日の実施:土曜・午後のみ、日曜・午前のみ
→土曜・午前のみ、日曜・午前のみ

医療機関名:さくら・はるねクリニック銀座


土曜日、日曜日の実施:土曜・一日、日曜・一日
→土曜・一日、日曜・実施なし

標準接種

中学校1年生の間

東京23区外の医療機関で接種を希望する場合

東京23区外の医療機関で接種を希望する場合は、事前に、中央区から「予防接種実施依頼書」の交付を受ける必要があります。
詳細は以下をご覧ください。

接種回数

    定期接種の対象は、下記のワクチンです。同じワクチンで3回接種をします。
    (2種類のワクチンは接種が始まると途中で変更できません。)
    注記1:ワクチンによって接種間隔が異なりますのでご注意ください。
    注記2:3回接種後に別のワクチンを追加接種することはできません。

    サーバリックス(2価:16型、18型 グラクソ・スミスクライン社)の接種間隔

    • 1回目(初回)
    • 2回目(1回目の接種から1か月後)
    • 3回目(1回目の接種から6か月後)

    ガーダシルの接種間隔(4価:6型、11型、16型、18型 MSD社)の接種間隔

    • 1回目(初回)
    • 2回目(1回目の接種から2か月後)
    • 3回目(1回目の接種から6か月後)

    サーバリックス、ガーダシルともに1年以内に接種を終えることが望ましいとされています。

    接種に行くときの注意事項

    • 体調のよいときにいきましょう
    • なるべく保護者が同伴してください
      (接種直後の失神などの事例が報告されています)
    • 13歳以上の方で保護者が同意する場合に限り、保護者の同伴なしで接種することができます。予診票1の記入(保護者の署名)と、予診票2を記入したものをお子さんに持たせてください。
    • 予診票と母子健康手帳と健康保険証をご持参ください
    • 他の予防接種との間隔に気をつけてください。

    子宮頸がん予防ワクチンのリーフレットについて(令和4年2月改定)

    厚生労働省ホームページに、子宮頸がん予防ワクチンの接種を検討している方とその保護者の方、これから接種を受ける方とその保護者の方および医療従事者向けのリーフレットがそれぞれ掲載されています。
    接種を検討している方、これから接種を受ける方のリーフレットは、子宮頸がん予防ワクチンを接種する前に改めて理解してもらうことを目的としており、医療従事者向けのリーフレットは、接種に当たっての注意事項を理解してもらうことを目的としております。
    子宮頸がん予防ワクチンを接種される際は、リーフレットをご覧ください。

    子宮頸がん予防ワクチンの相談窓口について

    関連リンク

    お問合せ

    中央区保健所健康推進課予防係

    住所:中央区明石町12番1号
    電話:03-3541-5930

    日本橋保健センター

    電話:03-3661-3515

    月島保健センター

    電話:03-5560-0765