このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

保険料の延滞金・還付加算金について

更新日:2021年12月21日

延滞金について

保険料は定められた納期限までに自主的に納めていただくものです。
令和4年4月以降に賦課された保険料より、定められた納期限までに納められなかった場合、被保険者の公平性の確保等のため、本来の保険料額のほかに延滞金を収めていただくことになります。延滞金は納期限の翌日から納付する日までの期間の日数に応じて計算します。計算方法については下記をご覧ください。
保険料は、みなさんの医療費にあてられる貴重な財源ですので、必ず納期限内にお納めください。

延滞金の計算方法

(1)納期限の翌日から3カ月を経過する日までに納付された場合

延滞金額=保険料額×延滞金割合×日数÷365

(2)納期限の翌日から3カ月を経過する日の翌日以降に納付された場合

延滞金額=上記(1)+(保険料額×延滞金割合×3カ月以降の日数÷365)

延滞金の利率

延滞金の額は納期限の翌日から3カ月を経過するまでは、保険料額に対し年7.3%、その後は年14.6%の割合で計算されますが、当面の間、租税特別措置法第2項の規定により、告示された割合に年1.0%の割合で加算した割合で、年により変更となる場合があります。延滞金の特例基準割合は、以下の通りです。

延滞金割合
適用期間 納期限の翌日から3カ月間 納期限の翌日から3カ月以降
令和3年1月1日から令和3年12月31日まで 年2.5% 年8.8%
令和4年1月1日から令和4年12月31日まで 年2.4% 年8.7%

延滞金計算例

令和4年度の保険料が月99,000円の世帯が、令和4年6月分(6月末納期限)を同年12月20日に納付した場合。

  1. 納期限の翌日から3カ月経過分
    延滞金額=99,000円×2.4%×92日÷365日=598円
  2. 納期限の翌日から3カ月以降経過分
    延滞金額=99,000円×8.7%×81日÷365日=1,911円
  3. 上記1+2=2,509円
  4. 延滞金額は、2,500円(100円未満切り捨て)となる。

注記1:保険料が2,000円未満の場合、延滞金は加算されません。
注記2:延滞金が1,000円未満の場合は、これを切り捨てます。
注記3:延滞金に100円未満の端数がある場合は、その端数金額を切り捨てます。

還付加算金について

還付加算金とは、保険料の変更等により納め過ぎとなり、お返しする還付金がある場合に加算する利息相当分のことです。還付加算金の額は、還付までの期間に応じて、還付金の額に一定の割合を乗じて計算します。計算方法については下記をご覧ください。

還付加算金の計算方法

(1)過納の場合

還付加算金=還付金額×還付加算金割合×加算日数(納付日の翌日から支出決定日まで)÷365

(2)誤納の場合

還付加算金=還付金額×還付加算金割合×加算日数(納付日の翌日の1カ月後から支出決定日まで)÷365

還付加算金の利率

還付加算金の額は、還付金額に対し、年7.3%の割合で計算されますが、当面の間、租税特別措置法第93条第2項の規定により、告示された割合に年0.5%の割合を加算した割合で、年により変更となる場合があります。還付加算金特例基準割合は、以下の通りです。

還付加算金割合
適用期間 割合
令和3年1月1日から令和3年12月31日まで 年1.0%
令和4年1月1日から令和4年12月31日まで 年0.9%

還付加算金計算例

過納の場合

保険料額が500,000円で、令和4年6月20日に一括納付したが、前年度の所得変更により保険料額が200,000円に減額となり、300,000円の保険料の還付を同年11月20日に通知し、同年12月1日に請求されて、同年12月15日に還付の支払いをする場合
還付通知日:令和4年11月20日
還付請求日:令和4年12月1日
起算日:令和4年6月21日(納付日の翌日)
終結日:令和4年12月15日(還付支払日)
還付加算金額=300,000円×0.9%×178日÷365日=1,320円
還付加算金額は、1,300円(100円未満の端数切り捨て)となる。

誤納の場合

社会保険に加入することにより、保険料額の99,000円が0円となったが、誤って同年9月10日に納付されて発生した還付の通知を同年10月20日に送付し、同年10月31日に請求されて、同年11月15日に還付の支払いをする場合
還付通知日:令和4年10月20日
還付請求日:令和4年10月31日
起算日:令和4年10月11日(納付日の1カ月後)
終結日:令和4年11月15日(還付支払日)
還付加算金額=99,000円×0.9%×35日÷365日=85円
還付加算金額は、0円(1,000円未満切り捨て)となる。

注記1:加算日数について、還付通知書の発付日から未請求のまま30日を経過した場合、31日目から還付請求日までの日数を除算して計算します。
注記2:過納とは保険料変更等により還付が生じることを指し、誤納とは2重払い等により還付が生じることを指します。
注記3:期別ごとの還付金額が2,000円未満の場合、還付加算金は加算されません。
注記4:期別ごとの還付金額が1,000円未満の端数は切り捨てて計算します。
注記5:還付加算金が1,000円未満の場合は、これを切り捨てます。
注記6:還付加算金に100円未満の端数がある場合は、その端数金額を切り捨てます。
注記7:うるう年の日を含む期間についても、365日あたりの割合で計算します。

お問い合わせ

保険年金課収納係
電話:03-3546-5365

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る