掲載日:2023年4月3日

ページID:14069

ここから本文です。

「ペットを飼う前に考えてほしいこと」や「飼った後も気をつけてほしいこと」に関する啓発リーフレット

ペットを飼うにあたっては、飼い主がペットに対し、最後まで責任を持って世話をして、飼い続けなければなりません。

また、ペットを飼ってからも、飼い主の方が飼育マナーを守り、周囲に迷惑をかけないように飼わなければなりません。

近年、ペットを飼う方が増えている一方で、保健所に対し、犬の飼育マナーに対する問い合わせが多く寄せられているほか、猫についても、屋外へ逃げ出したという連絡が後を絶ちません。

そこで、改めて、ペットを飼うことに伴う責任の重さについて啓発を進めるために、「ペットを飼う前に考えてほしいこと」や「飼った後も気をつけてほしいこと」をまとめたリーフレットを作成しました。

「ペットを飼う前に考えてほしいこと」(PDF:1,763KB)

「飼った後も気をつけてほしいこと」(PDF:2,193KB)

お問い合わせ先

中央区保健所生活衛生課 

〒104-0044 明石町12-1

電話:03-3541-5936

ファクス:03-3546-9554

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

中央区トップページ > くらし・手続き > ペット・動物 > 犬や猫について > 「ペットを飼う前に考えてほしいこと」や「飼った後も気をつけてほしいこと」に関する啓発リーフレット