このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

【事業者向け】(幼児教育・保育の無償化の給付を受けていない方に向けた)中央区多様な集団活動等利用支援事業

更新日:2022年3月23日

地域や保護者のニーズに応えて地域のなかで重要な役割を果たしている、小学校就学前の幼児を対象とした多様な集団活動などについて、保護者の経済的負担を軽減するため利用料の一部を給付しています。
保護者が本事業による給付を受けるためには、多様な集団活動などを行う事業者が、対象施設等となることを中央区に申請し、決定を受けている必要があります。
保護者が給付を受けるまでの流れは以下のフロー図を参照してください。

注記:本事業による給付の対象は中央区内に住所を有する方のみです。中央区外に住所を有する方が中央区内の対象施設等を利用している場合に給付を受けるためには、その方が住所を有する自治体へ申請が必要です。また、その場合は、中央区内の対象施設等の事業者が、他自治体が実施する同様の事業の対象施設等として申請し、決定を受ける必要があります。
注記:中央区内に住所を有する方が、中央区外の施設を利用している場合は、その施設が中央区の対象施設等として決定を受けていれば給付を受けることができます。
注記:本事業の基準に適合すれば、本事業と幼児教育・保育の無償化の2つの制度の対象施設になることが可能です。

【令和3年度2回目】保護者から区への申請(給付を受けるための申請)について

令和3年度2回目の支給申請書提出については、令和4年3月22日付けで各対象施設等あて依頼しました。
令和3年度分の利用料に係る給付については、必ず本2回目の申請において支給申請書を提出いただくことができるよう、改めて対象者の確認及び周知をお願いいたします。

支給申請の対象となる利用料

1回目の支給申請書を提出している方(1回目の給付を受けている方)

令和3年10月~令和4年3月の利用料

1回目の支給申請書を提出していない方(1回目の給付を受けていない方)

令和3年4月~令和4年3月で、幼児教育・保育の無償化の給付(子どものための教育・保育給付及び子育てのための施設等利用給付)を受けていない月の利用料
注記:利用料は5月下旬(予定)に振り込みます。依頼人名は「チュウオウクタヨウナシュウダン…」です。

支給申請書提出までの流れ(1回目と同様です)

  1. 施設等で対象となる幼児を確認してください。
  2. 対象となる幼児の保護者に対し、支給申請書の提出を依頼してください。
  3. 施設で支給申請書を取りまとめの上、支給申請書の各施設等記入欄に記入してください。
    注記:利用日数に応じて利用料が異なる場合は4月1日以降に記入してください。
  4. 施設から区役所あて支給申請書を提出してください。

支給申請書の提出締切日

施設から区役所への提出締切は令和4年4月15日(金曜日)です。
保護者から施設への提出締切は各施設で設定し、保護者へ周知してください。

保護者への案内書類

【施設→保護者案内用】保護者向け支給申請書提出案内(令和3年度2回目案内用)

【施設→保護者案内用】事業案内チラシ(令和3年度2回目案内用)

【施設→保護者案内用】支給申請書記入例(令和3年度2回目案内用)

施設から区へ必要な申請(対象施設等となるための申請)

本事業の対象施設等となるための申請を行う場合は、以下の条件にあてはまることを確認の上、基準適合審査申請書(添付書類を含む)に必要事項を記入して提出してください。
なお、基準適合審査申請書を提出される方は、予め問い合わせ先までご連絡ください。

対象施設等となるための条件

  • 全ての幼児を対象として提供している標準的な開所時間が、概ね1日4時間以上8時間未満、週5日以上及び年間39週以上であること
  • 企業主導型保育事業でないこと。
  • 認可保育所、認証保育所、認定こども園、幼稚園として認可を受けていないこと。
  • 小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育事業として認可を受けていないこと。
  • 幼児教育・保育の無償化の給付を受けていない満3歳以上の幼児の数が、施設等を利用する満3歳児以上の幼児の、概ね半数以上であること。
  • 以下の表の基準を満たすこと。

注記:「概ね」の範囲などで、条件にあてはまるかどうかの判断ができない場合は、お問い合わせください。集団活動の特徴により対象施設等となる場合があります(対象施設等となるかどうかの判断は各自治体により異なる場合があります)。

申請方法(申請に必要な書類)

  1. 基準適合審査申請書
  1. 現員の内訳書(基準適合審査申請書付表)
  1. 職員名簿、有資格者などについてその資格などが確認できる免許状や登録証の写しなど
  2. 保育士などの職員の勤務体制が分かる勤務割表など
  3. 施設の平面図(消火器は丸印、消火栓は「栓」の字、非常口は「非」を平面図上に記入。)
  4. 利用料金表、利用案内、パンフレットの類(利用料がわかるものは当該年度分とは別に過去3カ年分が必要。)
  5. 年間の活動計画(保育計画)、幼児の健康管理・安全管理などが分かる書類(安全管理マニュアル、事故記録など)、保険会社との契約書類の写し
  6. (認可外保育施設の場合)認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書の写し又は基準への適合(見込み)状況を説明する書類

区での基準適合申請書の受付期間(令和3年度分)

受付期間は終了していますが、令和3年度中の基準適合申請書提出を希望する場合はお問い合わせください。
令和3年12月10日(金曜日)

注記:対象施設等への決定が令和4年4月1日以降になった場合、令和3年度分の利用料を給付の対象とすることはできません。

基準適合申請書提出先

〒104-8404
中央区築地1-1-1
中央区役所教育委員会事務局学務課調整担当

対象施設等から保護者への案内

対象施設等に決定した場合は、当該対象施設等から、利用する保護者に対しての案内をお願いしています。
なお、保護者にお知らせするための周知チラシなどを以下に用意しております。

【施設→保護者案内用】事業案内チラシ

保護者から区への申請(対象幼児として給付を受けるための申請)

対象となる幼児の条件に当てはまることを確認の上、支給申請書に必要事項を記入して、利用している対象施設等に提出していただきます。支給申請書は対象施設等でとりまとめの上、区へ提出してください。

申請方法(申請に必要な書類)

支給申請書

注記:ボールペンなどの消えない筆記用具で記入してください(消えるボールペン、修正液、修正テープの使用はしないでください)。
注記:訂正する場合は、訂正箇所に二重線を引き、その上部に正しい文言を記入してください。
注記:申請者の氏名欄は必ずご自身で記入(自署)してください。
注記:口座名義人は原則として申請者にしてください。口座名義人を申請者以外の名義にする場合は、委任欄に申請者氏名を記入(自署)してください。

支給申請書の各施設等記入欄について

支給申請書の「5 各施設等で証明を受けてください(各施設等記入欄)。」については、保護者から各対象施設等へ支給申請書の提出があった後、各対象施設等で記入の上、区へ提出してください。
記入に時間が必要な場合は、保護者から各対象施設等への支給申請書提出期限を早めに設定し、案内するようお願いいたします。

支給申請書受付期間(令和3年度分)

支給申請書受付期間(令和3年度分)
利用月 【保護者→施設】
支給申請書提出締切
【施設→区】
支給申請書提出締切
支払予定時期
4月~9月分 ※各施設で設定し、保護者へ周知してください。 1月28日(金)厳守 2月下旬
10~3月分 ※各施設で設定し、保護者へ周知してください。 4月15日(金) 厳守 5月下旬

注記:令和3年度1回目の支給申請書の受付期間に間に合わなかった場合は、令和3年度2回目の支給申請書受付時にまとめて申請いただくことができますので、各施設で判断して対応してください。
注記:支払いはすべての方に一斉に行うため、書類の不足・不備などにより実際の支払いは予定より遅れる場合があります。

給付の対象となる期間・幼児

満3歳に達した後最初に迎える4月1日から、満6歳に達した後最初に迎える3月31日までの間(小学校に相当する学校段階を除く。)の、以下のすべての条件にあてはまる幼児

  • 中央区内に住所を有すること。
  • 幼児教育・保育の無償化の給付(子どものための教育・保育給付及び子育てのための施設等利用給付)を受けていないこと。
  • 企業主導型保育事業を利用していないこと。
  • 対象施設等を概ね1日4時間以上8時間未満、週5日以上及び年間39週以上利用していること。
  • 対象施設等に月の初日から在籍していること。

注記:対象となる期間に中央区内に住所を有していて、対象施設等を利用していた場合も対象になります。
注記:「概ね」の範囲など、条件にあてはまるかどうかの判断ができない場合は、お問い合わせください。

給付金額(月額基準額)など

給付金額(月額基準額)

一人あたり月額20,000円(上限)
注記:対象施設等として決定した日の属する年度の前年度以前過去3か年の平均月額利用料が2万円を下回る対象施設等を利用する場合は、その平均月額利用料とします。

対象費用

利用料(1日8時間を超える保育などに対する利用料を除きます)
注記:入園料、施設整備費、延長保育又は預かり保育の利用料、実費徴収費(食材費、通園費などの対象施設等において提供される便宜に要する費用)を除きます。

支給方法

年2回に分けて、保護者の銀行口座に直接振り込みます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

学務課調整担当
電話:03-6278-8163
ファクス:03-3546-2098

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る