新型コロナウイルス陽性と診断された方へ

更新日:2022年2月28日

保健所からの初回連絡について

保健所では医療機関から新型コロナウイルス感染症の届け出を受けた後、高齢者や重症化リスクのある方に限り電話連絡をいたします。その他の方には、ショートメッセージサービス(SMS)での連絡となりますのでご了承ください。
注記:保健所から携帯電話を使用してご連絡させていただく場合があります。また連絡が取れない場合、保健所職員が安否確認に伺うことや、場合によっては警察に情報提供をさせていただくことがあります。必ず電話に出て下さるようご協力をお願いいたします。

「自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)」について

「自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)」では、下記業務を行っています。

  • 自宅療養中に体調が悪化した療養者から連絡を受け、健康観察や診療依頼につなげる
  • 配食やパルスオキシメーターの受付、配送
  • 療養中の不安やお困りごとの相談

療養中は自宅療養サポートセンター「うちさぽ東京」が24時間体制でご相談を受け付けます。パルスオキシメーターや配食を希望される方、発熱など体調に不安を感じた方は下記までご連絡ください。パルスオキシメータ―、配食の依頼はウエブサイトからも申し込めます。
電話:0120-670-440年中無休、24時間)

療養方法について

入院療養

高齢の方や持病のある方、妊婦、発熱や呼吸器症状が持続している方など、状況に応じて治療が必要と判断された方は入院となります。
入院費、医療費については原則公費負担となります。(所得によっては一部自己負担金が発生することがあります)
入院中に利用した病衣のレンタル料やテレビカード代などは自己負担になります。

宿泊療養施設

軽症の方で高齢者や基礎疾患がある方などと同居しており家庭内感染のリスクのある方を対象とした療養施設です。
宿泊施設での療養を希望される場合は下記の「東京都宿泊療養申込窓口」へご連絡ください。
電話:03-5320-5997(年中無休、午前9時から午後4時まで)

感染拡大時療養施設

無症状の方で高齢者や基礎疾患がある方などと同居しており家庭内感染のリスクのある方を対象とした療養施設です。
感染拡大時療養施設での療養を希望される場合は、下記の「東京都感染拡大時療養施設申込窓口」へご連絡ください。
電話:03-4485-3726(24時間体制(土日祝日を含む。))

自宅療養

自宅療養サポートセンター「うちさぽ東京」によるフォロー

50歳未満で基礎疾患のない方は、ご自身で健康観察を行いながら自宅療養をしていただきます。療養期間中の体調不良時などの相談は自宅療養サポートセンター「うちさぽ東京」へ(電話:0120-670-440)へご連絡ください。
注記:基礎疾患とは、新型コロナウイルス感染症との合併により、重症化を引き起こす恐れのある疾患です。具体的には糖尿病、心血管疾患、慢性呼吸器疾患、慢性腎臓病、高血圧、BMI30以上の肥満などが該当します。

東京都フォローアップセンターによる健康観察

50歳以上の方または基礎疾患がある方は、東京都フォローアップセンターが健康観察を行います。東京都フォローアップセンターによる健康観察の対象となる場合は、東京都フォローアップセンターからSMSまたは電話による連絡があります。
詳細は外部サイトへリンク自宅療養者フォローアップセンターから健康観察を受ける方へ(東京都福祉保健局)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

中央区保健所による健康観察

高齢の方や基礎疾患のある方などで重症化リスクの高い方は中央区保健所が健康観察を行います。
療養期間中は、“新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS:ハーシス)”に登録し、日々の健康状況を入力していただくか、架電により体調確認を行います。
注記:日々の安否確認を兼ねているため、毎日午前中の入力をお願いいたします。安否確認が取れない場合、保健所職員による家庭訪問や、警察への情報提供を行う場合があります。

医療機関による健康観察

新型コロナウイルス感染症の診療・検査を行った医療機関が、自宅療養者に対し電話等で健康観察を行います。
医療機関による健康観察の対象となる場合は、診断時に医療機関よりご案内がありますので、医療機関の指示のもとご自宅で療養してください。

自宅療養の過ごし方や注意点について

療養期間について

厚生労働省で定める療養終了の基準は以下の通りです。

陽性者(症状ありの方)の療養期間について

発症日から10日経過していること、かつ、解熱剤を使わずに解熱しており、咳等の呼吸器症状が改善傾向になってから72時間経過していること。

陽性者(無症状の方)の療養期間について

検体採取日から7日経過していること。その際10日間を経過するまでは、ご自身で体調確認を行っていただくようお願いいたします。
療養終了時の連絡は保健所が健康観察をしている方以外は行っておりません。

その他

上記の基準を満たせば、陰性確認はせず以前の生活にお戻りいただけます。
入院・宿泊療養の場合も療養終了の基準については同様ですが、施設の指示に従ってください。
保健所では陰性を確認するための検査や証明書の発行は行っておりません。
療養期間の証明については、新型コロナウイルス感染症にかかる通知文書の発行についてをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症 後遺症の相談窓口

感染時の症状の有無にかかわらず、回復した後にも後遺症として様々な症状がみられる場合があります。東京都では、後遺症に関する情報をまとめたリーフレットを作成しています。
コロナ後遺症相談窓口については、リーフレット裏面をご覧ください。

参考ホームページ

お問合せ

中央区保健所健康推進課予防係
住所:明石町12-1
電話:03-3541-5930