このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

令和元年11月5日から請求により住民票とマイナンバーカードなどに旧氏(旧姓)が併記できます

更新日:2019年11月1日

婚姻などで氏(姓)が変わった場合、氏名と共に旧氏(旧姓)を住民票や印鑑登録証明書、マイナンバーカードに併記することができます。

旧氏とは

その人の過去の戸籍に記載されていた氏のことです。

受付場所

  • 区役所区民生活課総合窓口係
  • 日本橋特別出張所区民係
  • 月島特別出張所区民係

受付日時

平日(月曜日から金曜日)の午前8時30分から午後5時まで
水曜日のみ午後7時まで延長
注記:日曜日は旧氏の登録手続きができません。旧氏の登録などで必要な住民基本台帳ネットワークシステムが全国的に稼働していないためです。

必要書類

  • 旧氏が記載されている戸籍謄本など
  • マイナンバーカード(お持ちの方)又は通知カード
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)

注記1:旧氏の記載されている戸籍(除籍)謄本などから現在までつながるものが必要です。
注記2:戸籍謄本などは本籍地の市区町村に請求してください。郵送でも請求できますので、詳しくは本籍地の市区町村にお問い合わせください。
注記3:マイナンバーカード又は通知カードの追記欄に旧氏を併記する必要があります。なお、住民基本台帳カードには併記できません。

住民票などに併記できる旧氏(初めて併記する場合)

旧氏を初めて併記する場合は、戸籍謄本などに記載されている過去の氏から1つを選んで併記することができます。
注記1:登録した旧氏は、住民票などに必ず併記となります。
注記2:一度併記した旧氏は婚姻などにより氏が変更された場合や、他の市区町村に転出した場合も、引き続き併記となります。

併記登録後に可能な変更など

旧氏の併記登録後も、請求により以下の変更などが可能です。

  • 併記した旧氏を変更

旧氏記載後に氏の変更があった場合に限り、直前の氏に変更することができます。

  • 旧氏の記載を削除
  • 旧氏削除後の再記載

旧氏削除後に氏の変更があった場合に限り、削除後から新たに生じた旧氏の中から1つを選んで再び併記することができます。

既に印鑑登録している方

住民票の旧氏併記に伴い、印鑑登録証明書にも旧氏が併記されます。旧氏での印鑑登録を希望する場合は、別途登録手続きが必要です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

中央区役所区民生活課総合窓口係
築地一丁目1番1号
電話:03-3546-5320

日本橋特別出張所区民係
日本橋蛎殻町一丁目31番1号
電話:03-3666-4253

月島特別出張所区民係
月島四丁目1番1号
電話:03-3531-1153

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る