このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

「区民スポーツの日」

更新日:2019年10月1日

第31回「区民スポーツの日」

多くの方にスポーツを楽しんでいただくため、マラソン大会をはじめ、子どもから大人まで幅広く一緒に参加できる各種イベントを行います。
当日は、軽食を販売する模擬店も出店します。

マラソン大会

第31回「区民スポーツの日」マラソン大会の申込み受付は終了しました。

令和元年10月14日(月曜日・体育の日)は「区民スポーツの日」です。マラソン大会および各種スポーツイベントを実施します。

日時

令和元年10月14日(月曜日・体育の日)
午前9時から各種目ごとに順次スタート(雨天決行)
ただし、ファミリーの部については、9時30分スタートを予定しております。

場所

スポーツクリニック

サッカー元日本代表北澤豪さんによる少年少女サッカークリニック

申込み受付は終了しました。

時間

  1. 午前11時から12時30分
  2. 午後1時15分から2時45分

会場

外部サイトへリンク晴海中学校(外部サイトへリンク):校庭

対象

区内在住・在学の小学生

講師

北澤 豪 他

定員

各回80名(申込多数の場合は抽選)

バレーボール元日本代表大友愛さんによるバレーボールクリニック

事前申込み期限は過ぎましたが、定員に若干の空きがあるため、当日先着順で申込みを受け付けます。
室内用運動靴をご持参ください。

時間

  1. 午前11時から12時30分
  2. 午後1時15分から2時45分

会場

外部サイトへリンク晴海中学校(外部サイトへリンク):体育館
(室内用運動靴をご持参ください)

対象

  1. 区内在住・在学の小学生および中学生
  2. 高校生以上の区内在住・在勤・在学者

講師

大友 愛 他

定員

各回60名(申込多数の場合は抽選)

テニスクリニック(子ども・初心者体験レッスン)

時間

午前11時から12時15分

会場

外部サイトへリンク都立晴海総合高校(外部サイトへリンク):テニスコート

対象

おおむね小学校4年生以上の初心者

講師

中嶋 康博プロ 他

定員

自由参加(先着順)
当日、直接会場へお越しください。

テニスクリニック(一般レッスン)

申込み受付は終了しました。

時間

午後1時15分から2時30分

会場

外部サイトへリンク都立晴海総合高校(外部サイトへリンク):テニスコート

対象

区内在住・在勤・在学者(小学校4年生から参加可)

講師

中嶋 康博プロ 他

定員

40名(事前申込制。申込多数の場合は抽選)

共通

費用

無料

申込方法

9月13日(必着)までに往復はがきに(1)クリニック名(少年少女サッカー・バレーボール・テニス一般レッスン)(2)から(5)(記入例参考)(6)在勤の方は勤務先・所在地・電話番号、在学の方は学校名・学年を記入して申込む。

注記1:テニスクリニックの子ども・初心者体験レッスンは事前申込制ではございません。
注記2:少年少女サッカークリニックおよびテニスクリニックは、天候によっては中止となる場合があります。

「区民スポーツの日」開催に際してのお願い

会場内およびその周辺での無人飛行機(ドローン等)の持ち込み・操縦・飛行等は、多数の方にご参加いただく、大会の安全な運営の妨げとなりますので、固くお断りいたします。
ご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

〒104-8404
中央区築地1-1-1
「区民スポーツの日」実行委員会事務局
(中央区役所区民部スポーツ課内)
電話:03-3546-5531
午前8時30分から午後5時(土曜日、日曜日、祝日を除く)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る