このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

中央区人材育成基本方針

更新日:2022年4月25日

中央区人材育成基本方針の改定(令和4(2022)年3月)

本区では平成23年3月に策定した「中央区人材育成基本方針」(以下「前方針」という。)に基づき、「人事制度」「研修制度」「働きやすい環境づくり」の3つの柱から人材育成を効果的に推進することで、「組織の力」を強化し、区民の負託に応えていく人材の育成に取り組んできました。
しかし、前方針を策定してから10年が経過し、本区を取り巻く環境は大きく変化しています。近年の本区における外部環境の変化としては、定住人口の増加に伴う行政需要の拡大、働き方改革の広がり、自治体デジタル・トランスフォーメーション(以下「DX」という。)の推進や新型コロナウイルス感染症の拡大が挙げられます。
内部環境の変化としては、職員の年齢構成の変化、行政系人事制度の改正及び再任用制度の改正、会計年度任用職員制度の施行等があげられます。
このような新しい時代の変化や要請に的確かつ迅速に対応し、課題解決に取り組むことができる人材を育成していくため、このたび人材育成基本方針を改定することとしました。
1はじめに

  1. 改定の背景
  2. 人材育成基本方針の位置付け
  3. 対象期間
  4. 人材育成の重点取組

2人材育成の方向性

  1. 中央区がめざす職員像
  2. 必要な意識・能力と職層ごとに求められる能力等
  3. 職層ごとに求められる能力等

3人材育成を効果的に推進する取組

  1. 人事制度
  2. 研修制度
  3. 健康管理・職場管理

4今後の課題
5着実な推進に向けて

中央区人材育成基本方針の策定(平成23年3月)

環境の変化に柔軟に対応できる職員の育成や、一人ひとりの職員のさらなる資質の向上などにより「組織の力」を強化する必要性が高まっている中、全庁を挙げて区民の期待に応えていく人材育成に取組むために「めざす職員像」を明確にし、育成のための具体的な方策を示した総合的な指針として「中央区人材育成基本方針」を策定しました。

目次

1人材育成基本方針策定にあたって
1.基本方針策定の背景
2.基本方針の目的
3.中央区の現状と課題
2人材育成の方向性
1.中央区がめざす職員像
2.必要な意識・能力と果たすべき役割
3.人材育成の重点取組~活力ある職場づくりのために~
-1-学ぶ風土・育てる環境づくり
-2-協力し合える職場づくり
-3-効率的な仕事ができる職場づくり
4人材育成を効果的に推進する取組
1.人事制度<人事管理>
2.研修制度<職員研修>
3働きやすい職場づくり<職場管理>
5推進体制~全庁を挙げた人材育成に向けて~

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

職員課研修健康係
電話:03-3546-5293

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る