このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

【動画公開】「with コロナ時代のコミュニティ活動を考えよう」講義の動画を公開しています。

更新日:2020年12月10日

「withコロナ時代のコミュニティ活動を考えよう」講義は終了しました。
多くの方にご参加いただきまして、ありがとうございました。

新型コロナウイルス感染症の影響により、町会・自治会をはじめとする地域のコミュニティ活動において、悩みや課題を感じられているのではないでしょうか。
この度、町会・自治会等のコロナ禍での活動事例を紹介するほか、今後の活動を「どう進めるか」考えるうえでヒントとなるような講義を開催します。
新しい生活様式に沿った「コミュニティ」や「つながり方」を一緒に考えてみませんか。

内容

講義

  1. コロナ禍におけるコミュニティ活動の現状について
  2. with コロナ・after コロナでのコミュニティ活動について
  3. 町会・自治会等のコロナ禍での活動事例紹介について

質疑応答

講義動画公開のご案内

講義動画

講義内容は、外部サイトへリンク中央区役所公式YouTubeチャンネル(外部サイトへリンク)からご覧いただけます。
本動画は、講義当日のオンライン(zoom)配信を録画し、編集したものです。

資料

今後の参考とさせていただくため、ご視聴後のアンケートにご協力をお願いいたします。

講師

NPO法人CRファクトリー副理事長 五井渕利明

日時

令和2年12月8日(火曜日)
午後7時から8時30分まで

場所

外部サイトへリンク中央区役所(外部サイトへリンク)8階大会議室
注記:Zoomによるオンライン同時開催

定員

オンライン(Zoom)による参加

50名(先着順)
注記:オンライン接続環境はご自身でご準備ください。

来場による参加

40名(先着順)

参加費

無料

申し込み方法

12月7日(月曜日)までにメール、電話、ファクス、外部サイトへリンク区ホームページの電子申請(外部サイトへリンク)のいずれかでお申込みください。

必要事項

  1. 参加方法(オンラインによる参加又は、来場による参加)
  2. 氏名(ふりがな)
  3. 電話番号
  4. メールアドレス
  5. 住所
  6. コロナ禍における活動のお悩みや課題(任意)

なお、電子申請の操作方法等については外部サイトへリンクコールセンター(外部サイトへリンク)へお問い合わせください。

申し込み先

中央区築地1丁目1番1号
地域振興課コミュニティ支援係
メールアドレス:tiiki_01@city.chuo.lg.jp
電話:03-3546-5337
ファクス:03-3546-2097

チラシ

留意事項

  1. 新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、開催を中止する場合がございます。
  2. お申込みいただいた個人情報は、今回の講義に関する事項のみ利用いたします。ただし、新型コロナウイルス感染症に関連して、保健所へ情報を提供する場合がございます。
  3. 来場による参加で申し込まれた方は、マスクの着用と当日の検温にご協力ください。検温の結果、参加をご遠慮いただくことがございますので、予めご了承ください。
  4. 風邪症状など体調不良が見られる場合は、参加をご遠慮ください。
  5. 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、会場内は十分な換気をしております。来場される方は寒いことが想定されますので、体温調整用の衣類をご用意ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

地域振興課コミュニティ支援係
電話:03-3546-5337
ファクス:03-3546-2097
メールアドレス:tiiki_01@city.chuo.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る