このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

「中央区の森(数馬地区)」で見られる自然~秋~

更新日:2022年4月1日

ここでは「中央区の森(数馬地区)」で行った自然環境調査のうち、秋に見られる植物の一部を紹介します。

調査図

画像 調査対象地 平面図
調査対象地の平面図

注記:森林所有者の許可なく採取は禁止です。

名前 ツリフネソウ キバナアキギリ
説明 紫色の花を咲かせます。花の形が吊り下げられた帆掛け船に似ていることから、ツリフネソウという名前が付きました。 淡い黄色の花を咲かせます。赤紫色の長いおしべを持っています。
確認エリア K-2 M-1

キノコ

キノコ
名前 ヒラタケ ホコリタケ クリタケ
説明 平たいかさを持つキノコです。平安時代から食用として親しまれてきました。 傘を触ると、ホコリのように胞子を噴出させることから、ホコリタケという名前が付きました。食べることができます。 株になって生える栗色のキノコです。食べることができます。
確認エリア K-3 H-1 G-2
キノコ
名前 ニガクリタケ シイタケ ナメコ
説明 クリタケと似ていますが、強い毒があるキノコです。黄色のかさを持ちます。 丸太にシイタケのもととなる菌を埋めたものを「ほだ木」と呼びます。肉厚でおいしいシイタケがたくさん採れます。 天然のナメコです。独特のぬめりがあります。
確認エリア K-2 B-3G-2,J-2,K-2 G-1,G-2,K-2

葉の色が変わる植物

葉の色が変わる植物
名前 カラマツ イロハモミジ
説明 日本の固有種で、日本の針葉樹のうち唯一の落葉樹です。春の芽吹きや秋の黄葉が美しく、和歌や俳句にも多く登場します。 秋になると葉が真っ赤になり、山の中でひときわ目立ちます。
確認エリア A-2,B-2,B-3,C-2,C-3,E-3 C-2

食べられる植物

食べられる植物
名前 サンショウ クリ
説明 実がはぜる頃に収穫して、香辛料として使います。葉を揉むとよい香りがします。 いがのある殻が割れ、堅い果実が現れます。クリの実は縄文時代から食用として親しまれてきました。
確認エリア A-2,C-2,D-2 A-2,B-2,B-3,K-2

「中央区の森(数馬地区)」へのアクセス

「中央区の森(数馬地区)」には、紹介した植物などのほか、多くの見どころがあります。ぜひ一度足を運んでみてください。

関連リンク

画像 中央区の森キャラクター
中央区の森キャラクター

左からヒノッキ、ドングリ's(兄)、スギンチュ、ドングリ's(妹)、コナラン、ブナゾウ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

環境課ゼロカーボン推進係
電話:03-3546-5654

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る