このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

「中央区の森(数馬地区)」で見られる自然~夏~

更新日:2020年7月3日

ここでは「中央区の森(数馬地区)」で行った自然環境調査のうち、夏に見られる植物の一部を紹介します。

調査図

画像 調査対象地 平面図
調査対象地の平面図

注記:森林所有者の許可なく採取は禁止です。

名前 コアジサイ ヤマホタルブクロ ツユクサ ギンリョウソウ
説明 薄い青色の小さな花を密集させて咲かせます。一般的なアジサイと違い、装飾花を持ちません。甘い香りを持つのも特徴です。 袋のような形の花を下向きに咲かせます。花にホタルを入れて子どもが遊んだことから、ホタルブクロという名前が付きました。 鮮やかな青色の花を咲かせます。朝咲いた花が昼にしぼむ姿が、朝露を連想させることからツユクサという名前が付きました。 白い神秘的な見た目の花を咲かせます。薄暗い所では銀色に輝くことや、下向きに咲いている姿が竜の頭に見えることから「銀竜草」という名前が付きました。
確認エリア D-2,E-2,G-1,H-2,K-2 E-2,L-1 M-1 B-2,H-2

キノコ

キノコ
名前 ハナホウキタケ コガネヤマドリ タマゴタケ カエンタケ
説明 枝分かれしたサンゴのような見た目をしている桃色のキノコです。毒があります。 オレンジ色のキノコです。柄(え)の上部に網目模様があります。食べることができますが、苦みがあります。 初めは卵のような形の外被膜に包まれており、それが割れると赤色のかさが顔を出します。食べることができます。 鮮やかな赤色で、指のような形をしたキノコです。触るだけで皮膚がただれるほどの強い毒があります。
確認エリア I-2,K-2 H-2 A-2,D-2,I-1,K-2 K-2

食べられる植物

食べられる植物
名前 ミョウガ オヤマボクチ オオバギボウシ ウド
説明 地下茎から葉と花が別々に地上へ出てきます。普段食べているのは開花前の固く閉じている蕾の部分です。 葉を餅に入れて、草餅として食べます。檜原村ではネンネンボウまたはモチグサと呼ばれています。 湿り気のある所でよく見られる山菜です。軸の部分を酢漬けにして食べます。檜原村ではコオレと呼ばれています。 若葉、つぼみ、芽、茎が食用となる香りの強い山菜です。成長すると1.5メートルほどの大きさになります。
確認エリア M-1 A-2 A-2 A-2

「中央区の森(数馬地区)」へのアクセス

「中央区の森(数馬地区)」には、紹介した植物などのほか、多くの見どころがあります。ぜひ一度足を運んでみてください。

関連リンク

画像 中央区の森キャラクター
中央区の森キャラクター

左からヒノッキ、ドングリ's(兄)、スギンチュ、ドングリ's(妹)、コナラン、ブナゾウ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

環境推進課環境活動係
電話:03-3546-5654

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る