このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

中央区立郷土天文館「タイムドーム明石」企画展「お酒と遺跡 中央区の出土遺物から」2月9日から3月24日まで開催 2月6日

更新日:2019年2月7日

今回の企画展では、区内の遺跡から出土した「お酒」に関する遺物を展示します。主に江戸時代の徳利、盃、木製の酒樽の他、武家地や町人地、牢屋敷など、各遺跡から出土したものを中心に紹介します。盃や徳利は、江戸時代の遺跡を発掘すると、必ずといっていいほど出土します。それほど江戸時代の人々とお酒は切っても切り離せないものだったのでしょう。こうした遺物が頻繁に廃棄された原因には、宴会や儀礼で使い捨てられたり、日常生活で壊れたものなど、さまざまなことが考えられます。江戸時代の人々が実際に使った遺物を通じて、お酒をめぐる当時の文化を紹介します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

中央区立郷土天文館「タイムドーム明石」
電話:03-3546-5537

本文ここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る