このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

土壌汚染対策について

更新日:2022年8月22日

土壌汚染とは

土壌汚染とは有害物質により人為的に土壌が汚染されている状況や自然由来で土壌が汚染されている状況を指します。
原因としては、工場・指定作業場の操業時に有害物質を不適切に取り扱ったことや、漏洩したこと等が挙げられます。

土壌汚染対策の考え方

土壌汚染に関する問題は土壌汚染の存在そのものではなく、土壌に含まれる有害物質の摂取経路があることです。土壌汚染による健康リスクを低減させるため、土壌汚染対策法や「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」(以下、環境確保条例という)では人の健康への観点から直接摂取のリスクを考慮した土壌含有量基準、地下水等を経由した摂取リスクを考慮した土壌溶出量基準を設けています。
基準値を超える汚染が認められた場合には摂取経路を遮断するための土壌汚染対策が必要になります。

区への届出

区では環境確保条例第116条に基づき、届出書の提出を求めています。

対象者

環境確保条例に規定する工場または指定作業場を設置しているもので、特定有害物質を現在取り扱っているものまたは過去に取り扱ったことがあるもの

届出契機

  • 工場・指定作業場を廃止したとき
  • 工場・指定作業場の全部または規則で定める主要な施設等を除却したとき
  • 自主的に調査を実施したとき

土壌汚染調査

有害物質の取り扱い状況により、指定調査機関による汚染状況調査の実施が必要になります。指定調査機関の一覧情報は環境省ホームページで確認できます。
外部サイトへリンク【環境省】指定調査機関の一覧情報(外部サイトへリンク)

調査を実施した際には土壌汚染状況調査報告書の提出が必要です。調査の結果、基準値を超過した際には汚染拡散防止計画書の提出、対策の実施、汚染拡散防止措置完了届出書の提出も必要になります。

特定有害物質について

環境確保条例では以下の26項目を特定有害物質として指定しています。

第一種特定有害物質(12種類)

トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、1,3-ジクロロプロペン、ベンゼン、塩化ビニルモノマー(別名クロロエチレン)

第二種特定有害物質(9種類)

カドミウムおよびその化合物、シアン化合物、鉛およびその化合物、六価クロム化合物、砒素およびその化合物、水銀およびアルキル水銀その他の水銀化合物、セレンおよびその化合物、ほう素およびその化合物、ふっ素およびその化合物

第三種特定有害物質(5種類)

有機燐化合物(ただしパラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン、EPNに限る)、ポリ塩化ビフェニル、チウラム、シマジン、チオベンカルブ

届出期限

工場・指定作業場廃止届出書

廃止後30日以内
注記:工場・指定作業場については下記ホームぺージでも確認できます。
工場・指定作業場関連

土壌汚染状況調査報告書

  1. 廃止後120日以内
  2. 掘削を行う30日前

上記1,2のうち期日の早い方が報告期日となります。

各種届出様式

東京都への届出

その他土壌汚染対策法、環境確保条例第114条、第115条に基づいて東京都へ届出が必要になる場合もあります。
また3,000平方メートル以上の敷地内で土地の改変を行う場合にも環境確保条例第117条に基づいて届出が必要です。詳細は下記に記載している東京都環境局ホームページをご確認ください。
外部サイトへリンク【東京都環境局】土壌汚染対策(外部サイトへリンク)

土壌汚染対策の概要・手続きの流れ

手続きの契機、手続きのフローについては以下の東京都環境局リーフレットにてご確認ください。

土壌汚染に係る施設の台帳について

工場・指定作業場

環境確保条例に基づき届出があった工場・指定作業場が確認できます。
本台帳は土壌汚染の有無や有害物質の取り扱い状況を判断するものではありません。

環境確保条例第116条における土壌汚染状況

環境確保条例第116条における土壌汚染状況が確認できます。所在地は住居表示です。

注記:土壌汚染の対策を実施した土地についても台帳を調整し、公開しています。
以下、平成31年3月27日付け30環改化第1176号「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例の一部を改正する条例等の施行について(通知)」から引用
「対象となる土地
規則第58条第1項の各号に掲げる土地が対象である。これらの土地については、確認された汚染が全て除去された場合であっても、それらの措置の経緯を記載したうえで、台帳は引き続き保管される」
外部サイトへリンク【東京都環境局】環境確保条例改正に関して(外部サイトへリンク)

土壌汚染対策法、環境確保条例第117条における土壌汚染状況

土壌汚染対策法における要措置区域、形質変更時要届出区域、環境確保条例第117条における指定区域の台帳は東京都環境局ホームページで確認できます。
外部サイトへリンク【東京都環境局】土壌汚染情報公開システム(外部サイトへリンク)

水質汚濁防止法に基づく届出事業場

水質汚濁防止法に基づく届出事業場の台帳は東京都環境局ホームページで確認できます。本台帳は東京都環境局が水質規制業務用に作成しているものです。土壌汚染等の調査用に作成したものではありません。
外部サイトへリンク【東京都環境局】水質汚濁防止法に基づく届出事業場リスト(外部サイトへリンク)

下水道法および東京都下水道条例に基づく届出事業場

下水道法および東京都下水道条例に基づく届出事業場の台帳は以下の場所で閲覧ができます。

  • 東京都庁第一本庁舎3階都民情報ルーム
  • 中央区役所7階生活環境係窓口
  • 中央区役所1階情報公開コーナー

本台帳は東京都下水道局が水質規制業務用に作成しているものです。土壌汚染等の調査用に作成したものではありません。
詳しくは東京都下水道局ホームページをご覧ください。
外部サイトへリンク【東京都下水道局】特定施設について(外部サイトへリンク)

その他参考

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

環境課生活環境係
電話:03-3546-5404

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る