このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

中央区民文化財31 江戸秤座跡(えどはかりざあと) 

更新日:2016年9月1日

区民史跡 所在地:日本橋三丁目7番20号 ディックビル

秤座は、はかりの基準の統一のため、江戸幕府が設けた秤の製造、頒布、検定を行う事業所です。
江戸と京都の二座があり、江戸は守随家が東国三十三ヵ国を受けもっていました。
承応2年(1653)より明治8年(1875)、明治政府の「度量衡取締条例」が発せられるまで続きました。
江戸秤座の位置は、主に現在の中央区内で移転を繰り返していますが、天保13年(1842)以降、この場所である箔屋町にありました。
区内に残る、近世の社会・経済史上重要な史跡といえます。

江戸秤座跡
江戸秤座跡

お問い合わせ

タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)
電話03-3546-5537

本文ここまで

サブナビゲーションここから

中央区文化財

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る