このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

中央区民文化財88 豊後岡藩中川家上屋敷跡(明石町遺跡)出土文書 附 12号遺構穴蔵部材(ぶんごおかはんなかがわけかみやしき(あかしちょういせき)しゅつどもんじょ つけたり いこうあなぐらぶざい)

更新日:2016年9月1日

中央区民有形文化財 考古資料及び古文書 所在地:明石町12番1号 郷土天文館 晴海一丁目4番1号 文化財倉庫

本資料は、平成12年に実施した明石町遺跡(明石町1番6号)の発掘調査で出土した文書及び文書が保管されていた穴蔵(江戸時代の地下収蔵庫)の部材です。
この文書は、豊後(現大分県)岡藩中川家の上屋敷が、慶応2年(1866)の大火で被災した際に廃絶された穴蔵から出土したものです。書き付け、藩邸の記録や伊勢暦などがあり、一部の保存処理を行った文書には判読できるものが多く含まれています。
なお、文書が出土した穴蔵を解体して取り上げた桝部分の部材もあわせて登録しました。
文書の総量は、約250片、コンテナ(540×340×140mm)25箱分と多量で、一括して大量の紙資料が遺跡から出土した例は世界的にもみられないものです。また、中央区内に上屋敷を構えていた大名家の記録としても重要なもので、焼失したとされる記録が、現在再び現れた珍しい事例です。さらに、火災に関連して、穴蔵の底から並べられるように出土したことから、武家屋敷における文書管理の視点からも重要な資料です。

お問い合わせ

タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)
電話03-3546-5537

本文ここまで

サブナビゲーションここから

中央区文化財

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る