このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

中央区立郷土天文館企画展「-明治150年-文明開化と中央区の遺跡」2月3日から3月21日まで開催  2月2日

更新日:2018年2月3日

平成30年(2018)は、明治元年(1868)を迎えてから150年になります。江戸時代後期から明治時代はじめにかけて、江戸幕府から明治政府への政権交代がおこなわれましたが、当時の中央区周辺は変わらず日本の中心地であり、文明開化に向けた動きが早くにみられました。
中央区では築地外国人居留地の開設や、銀座レンガ街の建設など、西洋化に向けた動きが進みました。ところが、元々町人地(庶民)の中心地として栄えていたため、土地利用が大きく変化した武家地とは対照的に庶民の暮らしが残る場所も多くありました。
今回の企画展では武家地と町人地を中心に、区内の遺跡より出土した遺物から、中央区の文明開化前後の人々の暮らしについて紹介します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

中央区立郷土天文館「タイムドーム明石」
電話:03-3546-5537

本文ここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る