麻しん(はしか)にご注意ください

更新日:2019年2月18日

現在、三重・大阪などの関西地方を中心に麻しんの患者報告が続いています。

麻しんは感染力が強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみで予防はできません。
症状がある場合には外出を避け、事前に医療機関に電話をし受診方法を確認してから受診してください。

麻しんとは

麻しんウイルスの空気感染・飛沫感染・接触感染によって発症します。感染後、無症状の時期(潜伏期間)が約10日から12日続きます。
麻しんの初期症状は、発熱とカタル症状(咳・鼻水・眼球結膜の充血など)で、数日続いた後、口腔内に白い粘膜疹(コプリック斑)が現れ、身体に赤い発疹が出始めて全身に広がります。
肺炎・中耳炎を合併することも多く、患者1000人に1人の割合で脳炎を発症し、命に関わることもあります。
特別な治療法はなく、対症療法が行われ、合併症があればそれに応じた治療が行われます。

麻しんの予防

予防接種(ワクチン)が効果的な予防法です。
定期予防接種については以下をご覧ください。

海外に行く方へ

【海外に行く前に】

麻しんの予防接種歴を母子健康手帳などで確認し、2回接種していない方は予防接種を検討してください。

【帰国した後に】

帰国後2週間程度は健康状態に注意しましょう。

妊婦の方へ

妊娠中に麻しんに罹ると流産や早産を起こす可能性があります。
妊娠前であれば未接種・未罹患の場合、ワクチン接種を受けることを検討すべきですが、既に妊娠しているのであればワクチン接種を受けることが出来ませんので、麻しん流行時には外出を避け、人込みに近づかないようにするなどの注意が必要です。

関連リンク

お問合せ

中央区保健所健康推進課予防係
住所:明石町12-1
電話:03-3541-5930