このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号の認定申請を受け付けています

更新日:2020年5月26日

中央区では、新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが落ち込むなど、業績が悪化している中小企業を対象に、セーフティネット保証4号の認定申請を受け付けています。
この制度に基づき中央区の認定を受けると、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の100%を保証します。
注記:信用保証協会の審査により、この保証制度を受けられない場合があります。

認定書の有効期間の延長等緩和措置について

認定書の有効期間は、当該認定を証明する認定書の発行日から起算して30日を記載していますが、令和2年1月29日から7月31日までに認定を取得した場合については、その認定の終期を令和2年8月31日までとします。
なお、信用保証協会に提出する認定書はコピーでも差し支えないので、基本的に再発行の必要はありません。令和2年1月29日以降に既に発行した認定書についても、令和2年8月31日まで利用できます。

関連リンク

認定対象中小企業および認定の申請の受付

セーフティネット保証4号の対象中小企業

次のいずれにも該当する中小企業

  • 法人の場合は中央区に本店登記があること
  • 個人の場合は中央区に主たる事業所があること
  • 3か月以上継続して事業を行っていること(注釈1)
  • 新型コロナウイルス感染症に起因して、事業に係る影響を受け、最近1か月間(注釈2)の売上高または販売数量(建設業にあっては、完成工事高または受注残高。以下「売上高等」という。)が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること(注釈3)

注釈1:前年実績の無い創業者や、前年以降店舗や業容拡大してきた事業者の方についても、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている場合には、セーフティネット保証4号が利用できるようになりました。
注釈2:「最近1か月間」とは申請月の前月のことをいう。前月が出せない事情がある場合は前々月での申請も可能です。
注釈3:単純な売上高等の前年比較での認定が困難な場合、新型コロナウイルスの影響を受ける前などを基準として比較できるようになりました。比較方法の詳細は、「新型コロナウイルス感染症に係る認定基準の運用緩和について」をご確認ください。

認定申請の受付期間

令和2年2月18日から9月1日まで

認定申請の受付方法

認定の申請は電話による事前予約制です。
また、金融機関や税理士などが代理申請する場合は、代理申請する場合は委任状が必要です。委任状の代表者氏名欄は、必ず委任者本人が自署してください。書式は自由ですが、下記フォーマットもご利用いただけます。

提出書類

認定申請調書1部および認定申請書2部のほか、認定申請調書に記載のある書類を一式ご用意のうえ申請してください。

  • 登記簿謄本(3か月以内に発行された原本)

(個人事業主の場合は確定申告書(税務署受付印のあるもの)のコピー)

  • 売上高確認書類

最近1か月間の売上高等がわかるもの(月次試算表、総勘定元帳、売上台帳など)
前年同期の売上額等がわかるもの(法人事業概況説明書(税務署の受付印のあるもののコピー)、月次試算表など)
注記:「最近1か月間」とは申請月の前月のことをいう。前月が出せない事情がある場合は前々月での申請も可能です。

創業者等運用緩和の様式

対象となる方

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、経営の安定に支障を生じている、次の方のみ対象

  1. 業歴3ヶ月以上1年1ヶ月未満の事業者
  2. 前年以降の店舗増加等によって、単純な売上高等の前年比較では認定が困難な事業者

売上高等の比較を行う期間等によって申請様式が異なりますのでご注意ください。

最近1か月の売上高等と最近1か月を含む最近3か月間の平均売上高等を比較する場合
注記:「最近1か月間」とは申請月の前月のことをいう。前月が出せない事情がある場合は前々月での申請も可能です。


最近1か月の売上高等と令和元年12月の売上高等を比較および
今後2か月間の見込みを含む3か月の売上高等と令和元年12月の売上高等の3倍を比較する場合
注記:「最近1か月間」とは申請月の前月のことをいう。前月が出せない事情がある場合は前々月での申請も可能です。

最近1か月の売上高等と令和元年10から12月の平均売上高等を比較および
今後2か月間の見込みを含む3か月の売上高等と令和元年10から12月の3か月の売上高等を比較する場合
注記:「最近1か月間」とは申請月の前月のことをいう。前月が出せない事情がある場合は前々月での申請も可能です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

商工観光課相談融資担当
電話:03-3546-5333
ファクス:03-3546-2097

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る