職員を知る

| 座談会 |

Q1 中央区を志望した理由

中央区を選んだ理由を教えてください

僕は、営利目的じゃなく人のために役に立てる仕事って言うところに魅力を感じたから、公務員を志望したんだ。
民間企業は、良くも悪くも営利目的や数字重視な勝手なイメージがあったから。
受験当時に調べていて、中央区の人口が増え続けているところが気になったところかな。
人口が増えると新規事業とか、新しい政策に関わることができるかなって思って中央区を選んだ。

それはあるよね、どんどん人口が増えるってことは、大きな事業に関わるチャンスが多いってことだよね。

写真:座談会風景

私が、公務員になりたいと思った理由は平等に人々の生活に関われる仕事、例えば、教育とか医療とか子育てとか、すごく人の生活に近いことや、道路とかまちとか人が暮らす土台に関われる仕事っていうところに魅力を感じて選んだの。
後は、地方自治体って異動があって、3~4年でいろいろな部署にいけるから就職して長年働いたときに飽きないかなって。

いろいろな部署に異動できて幅広い経験できるのは良いよね。

中央区を選んだ理由は、色々まちを見る中でせっかく自分が就職するならずっと長く働きたいから、自分が面白いなって思えるまちにしようと考えたから。今人口が増えていて、まちも再開発でどんどん変わっていて、変化がまだまだある区だなって考えたら、10年20年先はどうなっているのだろう、この街の未来を見てみたいなって思って中央区を志望した。

将来どうなって行くのかな、ってわくわく感があるよね。
中央区は人口増加率が23区で一番高くて、人口が増えるってことはそれだけまちが発展していくってことだよね。

写真:座談会風景

あわよくばそのまちづくりに自分も関わりたいと思って選んだの。
民間から転職した2人はどうして公務員になろうと思ったの?

いや~、実はもともと、学生時代の就活中からまちづくりに関わりたいと思っていたんだ。
けど当時就活がうまくいかなくて、ゼネコンに就職して建物をつくっていた。
建物をつくることもやりがいがあって楽しかったけれど、どうしてもまちづくりにかかわる仕事がしたくて転職したんだ。

なるほど、その中で中央区を選んだ理由はあるの?

まちをつくるって国も都も考えてたけど、そのなかで基礎自治体にしたのは、より区民に近いところでまちづくりをする方が具体的な取り組みができるって気持ちがあったから。
調べる中で、「東京の中央としての質の高いまちづくり」「誰もがあこがれるまちづくりを我々はしています」って謳っていて、それってすごく楽しそうって思ったから中央区を選んだんだ。

私は病院で働いていたけど、夜勤もあってこれはずっと続けられないなって思っていたの。
それで転職先を探していたら公務員の保健師の採用情報を見つけて、候補だった地方自治体の中で中央区が一番都心でアクセスが良かったから中央区の非常勤の保健師に応募したんだ。
働いてみたら職場の雰囲気はすごく良かったんだけど、非常勤じゃ携われない仕事も結構あって、長く働くなら常勤になろうと思ったんだ。

写真:座談会風景

働き方として非常勤でも安定はしていたわけだよね。常勤になると仕事が増えたり、部署移動があったり大変になる面もあると思うけど、どうして常勤になろうと思ったの?

やっぱり福利厚生の面もあるよね。非常勤だとボーナス出ないし。あとは、まだ若いしもっと自分の力を発揮したくて常勤になろうと思った。
非常勤の時には、電話対応やデータ入力の仕事をやっていたけど、常勤になったら、自分の担当地区を持って、支援が必要な人や地域の人の相談にのることができて、より幅広い業務に携われると思ったからかな。

中央区を知っていましたか?

写真:座談会風景

僕は東京で育っているので、ざっくりとした位置はわかっていたけど、どこまでが中央区なのかははっきりとは知らなかった。
正直に言うと、入庁してから知った部分もけっこうある。

私は就職のために調べる中で中央区のことをたくさん知ったな。魅力的なまちが多いよね。

「中央区」って聞くとぱっとわからないけど、銀座とか日本橋とか個別の地名は有名なところがたくさんあるよね。

中央区が地元の人だと、「中央区に住んでいたから中央区が好き」っていう志望理由の人もいるけど、調べていくうちに中央区良いなって思う人もたくさんいて、志望理由もいろいろだよね。

人口増加やまちの再開発といった今後も発展が見込まれる中央区では、新規事業もたくさんあります。また大きな区ではないため、区民の方々と顔の見える関係を築くことや、区全体の管理や整備にかかわっていくことができるところも大きな魅力の1つです。「中央区で働きたい」という思いを持ったみなさんと一緒に仕事ができる日を職員一同楽しみにしています。

座談会TOPへ戻る