職員を知る

| 職員インタビュー |

顔写真

環境土木部道路課

  • 平成26年度入庁
  • 土木技術
  • 千葉県出身

民間経験を生かしながらも、
新しい気持ちで

業務内容

現在

環境土木部道路課所属
  • 道路工事の設計および施工
  • 警察・消防や関係する公企業との協議
  • 工事を行う地域の町会や沿道住民の方への説明会の実施

印象に残っているエピソード

 夜間工事施工中、沿道住民の方々から騒音や振動についてご指摘をいただくことがありました。住民の方々にご迷惑をおかけすることがありますが、道路行政も進めなければなりません。そこで、町会の会合で説明会などを開き、作業時間について調整したり、作業内容について周知したりしました。不透明な部分がクリアになると、住民の方々も協力してくれて、工事が竣工した後はきれいになったと喜んでいただけました。一方的に進めるのではなく、地域一丸となって整備を進めていくという事の大切さを再認識した瞬間でした。

写真:住民の方との打ち合わせの様子

住民の方との打ち合わせの様子

ある日のスケジュール

6:30〜8:30
子ども登園準備・朝食・出勤
8:30
始業
8:30〜9:30
現場確認・巡視
9:30〜10:00
当日の流れ・作業確認
10:00〜12:00
測量
12:00〜13:00
昼休み
13:00〜15:00
設計業務
15:00〜16:00
交通管理者との協議
16:00〜17:15
施工業者・下水道局現場立ち会い
17:15
終業
17:15〜19:00
同志と皇居RUN
19:00〜0:00
帰宅・夕食・風呂
0:00〜6:30
睡眠

仕事をする上で大切にしていることは?

凡事徹底

 民間時代にとても印象に残ったスローガンが今の自分のモットーです。「当たり前の事をちゃんとやり続けることがプロである。」簡単なことではありますが、見失いがちな事だと気づかされました。この言葉を胸に日々精進しています。

仕事をする上で、民間経験を活かせる点は?

 職務の内容によっては、民間時代に経験したことを活かして100%自分の力を発揮することができないかもしれませんが、積み上げてきたものは必ずどこかに繋がっています。経験値を意識しながらも新しい気持ちで物事に取り組むことによって、さまざまな視点から考えることができ、素晴らしいアイデアが生まれることもあります。

未来の後輩に一言!

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に国内外から多くの来街者が見込まれています。さまざまな歴史や文化が入り混じり、さまざまな人々が行き交う「にぎわいと活気のある中央区」で子どもから高齢者の方まで、誰もがより一層活き活きと暮らせるようなまちづくりに参加してみませんか?
一緒に働ける日を楽しみにしています。

写真:未来の後輩に一言!

職員の所属・名称は平成28年4月1日現在のものです。

一覧へ戻る