職員を知る

| 職員インタビュー |

顔写真

福祉保健部生活支援課

  • 平成27年度入庁
  • 福祉
  • 岩手県出身

笑顔は成長できる第一歩

業務内容

現在

福祉保健部生活支援課所属
  • 生活困窮者の相談支援
  • 生活状況確認のため定期的な家庭訪問
  • 関係機関との連携、情報提供

印象に残っているエピソード

 生活保護制度は、最低生活を保障し、自立へ向けた支援を行います。その支援は多岐にわたり、私の担当している方が緊急で入院しなければならなくなり、入院に同行するということもありました。生活保護受給者が生活する上で何か困ったことがあれば、緊急で対応しなければならないことも多く、臨機応変な対応が求められる仕事であると感じました。

写真:事務作業の様子

事務作業の様子

ある日のスケジュール

6:00〜8:30
朝の支度・出勤
8:30
始業
8:30〜12:00
窓口応対
12:00〜13:00
昼休み
13:00〜16:00
家庭訪問
16:00〜17:15
事務作業
17:15
終業
17:15〜22:00
食事会
22:00〜0:00
帰宅
0:00〜6:00
睡眠

仕事をする上で大切にしていることは?

いつも笑顔を忘れずに

 仕事をしていると、どうしても辛いことや悩み事は出てきます。そういうときには、悩んでばかりいないで、なるべく笑顔でいるよう心掛けています。いつまでも暗い顔をしていたら、より暗くなるだけ。成長できる第一歩だと信じ、ポジティブに考えるようにしています。

同期との関係

 なんでも相談できる関係だと思っています。仕事上で関係する部署に同期がいると、仕事も進めやすく、何かいい仕事をしたと耳にすると、負けられないと思い、さらに仕事に励んでいます。また、仕事以外では食事をしたり旅行をしたりとプライベートでも交流を持ち、良好な関係を築いています。

未来の後輩に一言!

 福祉職の仕事は、生活の中で困っていることに対して、必要なサービスを提案し、よりよい生活を送れるよう支援していくことだと思います。そのため、自分の仕事だけでなく、さまざまな知識が求められ、臨機応変に対応していかなければなりません。時には思うようにいかないこともありますが、優しい上司や先輩が相談にのってくれるので、とても働きやすい職場環境です。福祉に関心がある皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

写真:未来の後輩に一言!

職員の所属・名称は平成28年4月1日現在のものです。

一覧へ戻る