職員を知る

| 職員インタビュー |

顔写真

企画部オリンピック・パラリンピック調整担当課

  • 平成5年度入庁
  • 一般事務
  • 埼玉県出身

オリンピック・パラリンピックレガシー
を中央区に築く

業務内容

現在

オリンピック・パラリンピック調整担当課所属
  • 中央区オリンピック・パラリンピック区民協議会の運営
  • 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた気運醸成
  • 選手村整備に関する関係機関などとの調整

印象に残っているエピソード

 東京2020大会に向けて区民の気運醸成を図っていくため、オリンピアンやパラリンピアンを講師に招いて講演会を開催しました。講師の選定・交渉から、広報、運営までさまざまな業務がありましたが、当日はたくさんの区民の方に参加していただき、「講師の言葉に感動した」「東京2020大会に興味をもった」といった声をいただくなど好評で、大会に向けて確かな手応えを感じるものとなりました。

写真:講演会の様子

講演会の様子

ある日のスケジュール

6:20〜7:20
朝の支度
7:20〜8:30
出勤
8:30
始業
8:30〜8:50
朝会
8:50〜12:00
資料作成
12:00〜13:00
昼休み
13:00〜15:00
選手村建設現場視察
15:00〜16:30
資料作成
16:30〜17:15
他部署との打ち合わせ
17:15
終業
17:15〜21:00
課の懇親会
21:00〜22:00
帰宅
22:00〜0:00
家事など
0:00〜6:20
睡眠

仕事をする上で大切にしていることは?

周りの人を大切にする。

 以前の部署にいたときに先輩によく言われた言葉です。企画立案するにしても、各種手続や処理をするにしても、自分の思い込みではなく法律や条例、基準など根拠となるものにあたり、把握することで仕事をする上での自信につながると思っています。

係長を志したきっかけ

 係長は、施策の立案や関係者との調整などにおいて重要な役割を担っています。一定の権限を持ち、自分の考えを反映して事業を創り上げていくことができる、やりがいのある仕事をしていきたいと思い志望しました。

係長になった後の職務内容や心境の変化

 係長の大事な役割として、係員の育成があります。できるだけ係員の自主性を尊重し励まして、成果をあげられるように指導していきたいと思います。成果をあげることにより、仕事に対する自信と意欲が湧いてきます。係員が必要とするときに効果的なアドバイスができるよう、自分自身が自己啓発に励んで仕事の知識・技能を十分に身につけなければいけないと思っています。

未来の後輩に一言!

 東京2020大会の中心となる選手村が晴海地区に整備される中央区は、大きな変化の時期を迎えています。大会開催に向けて、急速に進む国際化に対応し、世界中から訪れる人々を地域の方々とともにおもてなしの心で迎える準備を進めています。
 また、大会後には選手村跡地に新たなまちが生まれます。先進技術を活用した交通環境や公共・公益施設の整備、にぎわいのあるコミュニティの形成など、ハード・ソフト両面で魅力ある将来のまちづくりが求められており、やりがいのある仕事が待っています。一緒にオリンピック・パラリンピックレガシーを中央区に築いていきましょう。

写真:未来の後輩に一言!

職員の所属・名称は平成28年4月1日現在のものです。

一覧へ戻る