職員を知る

| 職員インタビュー |

顔写真

福祉保健部子育て支援課

  • 平成13年度入庁
  • 保育士
  • 東京都出身

心の通わせ合いでひとつに

CAREER

入庁

福祉センター所属

通所する成人の利用者の方へのケアを担当

2年目

晴海保育園所属

乳幼児保育を担当

現在

つくだ保育園所属

乳幼児保育を担当

その他、明石町保育園にも所属されていました!!

現在の仕事

 年長児の保育を担任しています。年長児の一年は小学校就学に向けて大切な年になります。日々子どもたちが健やかに伸び伸び過ごせるよう、同じクラスの保育士と協力し、保育をしています。
 また、運動会、夏まつり、クリスマス会、卒園式や誕生会などの行事を各職員で分担して担当しています。保護者とのコミュニケーションや子育て支援、近隣の保育園や地域の方々との交流もおこなっています。

写真:現在の仕事

ある日のスケジュール

5:30〜7:30
朝の支度・出勤
7:30〜8:15
娘を保育園に送る・出勤(通勤)
8:15〜8:30
仕事準備
8:30
始業
8:30〜10:00
登園してくる子の受入・室内あそびの援助
10:00〜11:30
一斉活動・戸外遊びの援助
11:30〜12:00
着替え・手洗い・うがいの援助
食事準備
12:00〜13:30
昼休み・子どもの食事指導・片付け・昼寝の援助
13:30〜14:30
事務整理、打合せ
14:30〜15:00
昼寝から起こす
おやつ準備
15:00〜15:50
おやつ・片付け、保育室掃除
15:50〜16:50
室内遊びの援助・園児受け渡し
遅番への引渡しなど
16:50〜17:15
事務整理等
17:15
終業
17:15〜18:30
退勤・娘のお迎え、帰宅
18:30〜20:00
夕食準備、夕食、片付け
20:00〜20:45
団らん
20:45〜21:30
風呂、寝かしつけ
21:30〜22:30
家事
22:30〜5:30
就寝

印象に残ったできごと

写真:印象に残ったできごと

 保育園での大きな行事の一つが、運動会です。今回はなわとびに挑戦しました。特に大なわとびは毎日練習しました。はじめはなかなか続けて跳べなかったのですが、担任だけでなく、園長先生、副園長先生、他クラスの先生・・・園全体で一緒に応援してくださり、本番では今までで一番全員の心が合った演技をすることが出来ました。子どもたちの「なわとびができるようになりたい!」という気持ちと、保育士の「出来るようになってほしい!」という気持ちが合わさる感覚は、決して一人で仕事をしていては感じることは出来ません。忘れられない思い出です。

中央区の魅力

 中央区はオフィス街や商業施設が立ち並んでいるイメージを持つ方も多いと思いますが、緑も多く、住みやすい街でもあります。
 都心でありながら子どもたちが多くの自然に触れ、思い切り体を動かしたり虫探しをしたり、五感をたくさん使って遊ぶことの出来る環境があることは中央区の大きな魅力です。

定住意向 84.5%
合計特殊出生率 1.44

若手保育士に期待すること

 保育士は、子どもたちがこれからの未来を自分の力で生き抜く土台を作る、とてもやりがいのある仕事です。中央区の保育士の年齢層は幅広く保育の質もとても高いので、勉強になることがたくさんあります。若いうちの失敗はつきものです。失敗を恐れずたくさんチャレンジしてスキルを向上させ、全力で子どもたちと向き合える保育士としての「体力」をつけていってほしいと思います。

仕事をする上で大切にしていることは?

明るい未来を創る

 子どもたちは「未来」の象徴です。私はどんな未来になってもらいたいか? 子どもたちにどんな体力をつけてもらいたいか? 保育園はチームで仕事をしているので、どうしたら良い仕事が出来るか? 明るく前向きに仕事と向き合い、一つ一つの課題を乗り越えるためのわたしの呪文は「明るい未来を創る」です(笑)

未来の後輩に一言!

 パソコンなどの日々進化していくことと、人との繋がりなどの昔から変わらないこと、どちらも大切に出来る公務員になってください!

写真:未来の後輩に一言!

職員の所属・名称は平成30年4月1日現在のものです。

一覧へ戻る