区役所を知る

| 仕事紹介 |

水とみどりの課

水とみどりにつつまれたやすらぎのある空間づくり

主要事業

1公園・児童遊園の充実、整備

中央区では、子どもから高齢者まで幅広い年代のニーズに配慮しながら、魅力ある公園等の新設や拡充を行っています。新設や拡充を進めていくにあたり新たな土地の確保が難しい中央区では、大規模開発や公共用地活用などさまざまな機会を捉えて新たな公園等の整備を進めています。

2街路樹の整備

人々にとって身近な緑である街路樹は、街に彩りや潤いをもたらすとともに、大気浄化や緑陰の形成、ヒートアイランド現象の緩和など多くの効用があります。中央区では、花や実、新葉や紅葉で季節の移り変わりを感じられる木を植栽することで「魅せるみどり」づくりを推進しています。樹種の選定にあたっては、風雪等の自然災害や排気ガスなど、厳しい街路環境に耐えるだけでなく、地域の要望や景観の美しさなどを考慮して決めており、これまで区の木でもあるヤナギをはじめシナノキ・ハナミズキ・モミジ・サクラなど特徴ある樹種を植栽しています。

3水辺環境の整備

誰もが快適に水辺の散策を楽しめる環境を整備するため、運河等の基盤整備や大規模開発にあわせて、水辺の遊歩道化を促進し、親水性の向上、にぎわいのある水辺空間の創出を進めています。

4緑化の促進

文化・商業・情報など都市機能が集中する中央区では、緑につつまれた美しい都市空間づくりに向け、建物の屋上や壁面などの緑を増やすための緑化指導や助成を行っています。また、区民や事業者などによる花壇ボランティアの活動の支援や季節ごとのおすすめ散策コースを紹介した「水とみどりのふれあいマップ」の作成・配布など緑に関する情報発信も行っています。