中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ ちゅうおう」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから

「区のおしらせ ちゅうおう」 令和3年3月11日号

家庭の防災対策 在宅避難への備え

災害時の避難行動

大地震発生時に、危険な場所にいる場合は必ず避難してください。
一方、自宅などで安全が確保できる場合は「在宅避難」をお願いします。また避難先として、避難所だけでなく安全な親戚宅や知人宅への避難も検討してください。

備蓄

災害時でも自宅での生活が続けられるよう、最低3日分の飲料水や食料などを備蓄しましょう(下表のとおり)。
◎内閣府では、大規模災害に備えて、1週間分の備蓄が望ましいとしています。
◎日常生活で必要な飲料水や食料を多めに購入し、消費した分を補充するローリングストック法による備蓄が有効です。

品目 備蓄目安
飲料水 3リットル/日×家族の人数×最低3日
食料 3食/日×家族の人数×最低3日
簡易トイレ 7から8枚/日×家族の人数×最低3日


安全対策

・背の高い家具や棚を固定する。
・棚の扉に止め金具を付ける。
・ガラスに飛散防止フィルムを貼る。
・寝室にはできるだけ家具を置かないようにし、家具を置く場合はなるべく背の低い家具を置き、転倒防止対策をする。
・部屋の出入り口や火気の付近に大型の家具や家電を置かない。

イラスト:背の高い家具や棚の固定、飛散防止フィルム

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.