中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ ちゅうおう」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから

「区のおしらせ ちゅうおう」 令和元年8月21日号

区の地球温暖化対策の取り組み

環境マネジメントシステム(EMS=Environmental Management System)の運用

区は大規模事業者の責務として、全組織において区独自のEMSを導入し、事務事業に係る環境負荷の低減に取り組んでいます。
各所属・施設では、地球温暖化対策推進員(それぞれ1人配置)を中心に、各職員が環境配慮活動プログラムに基づいて省エネルギー・省資源活動を実践しています。
平成30年度の取り組み結果は下表1のとおりです。

表1
電気 ガス 液化石油ガス 燃料 地域冷暖房 水道 ごみ・資源(排出量) 用紙類 車両燃料 車両燃料CNG
平成30年度
使用量など実績
40,648,191kWh 2,937,706立方メートル 4,335立方メートル 187,765リットル 13,305,982メガジュール 613,449立方メートル 787,106kg 368,052kg 214,591リットル 505立方メートル
平成26年度
使用量など実績
41,236,475kWh 3,003,046立方メートル 4,964立方メートル 214,927リットル 12,435,707メガジュール 618,005立方メートル 809,248kg 340,179kg 228,684リットル 394立方メートル(※)
平成30年度
目標
1.8%削減 0.3%削減 2.3%削減 2.3%削減 3.1%削減 1.1%削減 2.5%削減 2.5%削減 2.5%削減 2.5%削減
平成30年度
達成状況
1.4%削減 2.2%削減 12.7%削減 12.6%削減 7.0%増加 0.7%削減 2.7%削減 8.2%増加 6.2%削減 28.3%増加

◎平成30年度目標および達成状況は、「平成26年度使用量など実績」との比較です。
(※)車両減少に伴い平成29年度の使用量を用いて比較しています(平成26年度の車両CNG使用量は7,340立方メートル)。

環境監査の結果報告

EMSが適切かつ継続して運用されているか、その状況を確認するために、平成30年10月31日(水曜日)から11月30日(金曜日)まで、52カ所の所属・施設を対象に課長級職員による内部環境監査を実施しました。
監査結果は、「優良事項」が19件、「要改善」が8件、「不適合」はありませんでした。「要改善」の主な内容は、コンセントオフの未徹底など軽微な指摘であり、監査後職場環境の見直しを図り速やかに改善されています。
今後の対応として、優良事項の水平的展開を図るとともに、研修や環境監査を通じ、職員の環境に対する意識向上に努めていきます。

温室効果ガス排出抑制の取り組み結果

区の全組織における事務事業を対象とした、「中央区役所(外部サイトへリンク)温室効果ガス排出抑制実行計画」では、平成26年度を基準年度として、平成28年度から令和2年度までの5カ年で、エネルギー消費原単位(区施設の床面積1平方メートルから排出される温室効果ガス排出量)の5%削減を目標としています。
区の事務事業に伴う平成30年度のエネルギー消費原単位は58.4kg-CO2/平方メートルで、基準年度と比較し3.2%減となりました(下表2のとおり)。
引き続き、小まめなエコオフィス活動や適切な設備運用、計画的な省エネルギー型の施設整備など、環境に配慮した取り組みを推進していきます。

表2 単位:kg-CO2/平方メートル
平成26年度
(基準年度)
平成28年度 平成29年度 平成30年度
原単位 60.3 59.8 59.8 58.4
比較増減量
(対基準年度)
なし △0.5 △0.5 △1.9
増減率 なし 0.9%削減 0.9%削減 3.2%削減

◎端数処理を行っているため、表内の計算が一致しない場合があります。

【問い合わせ(申込)先】 
環境推進課温暖化対策推進係
電話 03-3546-5406

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.