中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ ちゅうおう」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから

「区のおしらせ ちゅうおう」 令和元年8月1日号

行政懇談会の結果

5月21日(火曜日)・27日(月曜日)、6月4日(火曜日)にそれぞれ京橋、日本橋、月島の各地域で町会長・自治会長にご出席いただき、行政懇談会を開催しました。
この懇談会は、区、警察署、消防署、都第一建設事務所の区内行政機関が一堂に会し、区の主要事業を説明するとともに、地域に関する意見や要望を直接お聞きするものです。
当日のご意見の中からいくつか紹介します。

<質問>
ネズミ対策のためのふた付きごみ容器による排出体制構築の補助について

<回答>
区では、令和元年度から地域の住民の皆さんが自主的に取り組むネズミの駆除と防除に対し、その経費の一部を補助する事業を始めます。
殺そ剤や捕そ器で地域のネズミを駆除し、その後、生ごみがネズミの餌とならないようなごみ出しルールの徹底などに地域全体で取り組めば大きな効果が期待できることから、ふた付きのごみ容器は有効な防除手段として補助経費の対象とします。
地域からネズミを駆除し、再びすみ着かれないよう防除することにより、清潔で安心・安全なまち中央区の魅力を高めることができます。より多くの地域でこの事業をご活用いただければと思います。

<質問>
自転車通行帯整備について

<回答>
自転車は誰もが使える手軽で身近な交通手段であるとともに、環境負荷の低減や健康増進の観点からも自転車利用が増加しています。また、電動自転車も普及しています。一方で自転車が絡む事故も問題となっており、行政としての安全対策も求められるなど自転車を取り巻く環境は年々変化していることから、安全で快適な自転車利用環境の創出を図る必要があります。そこで、交通安全キャンペーンや交通安全運動などさまざまな機会を通じて、「自転車は、車道が原則、歩道は例外」など「自転車安全利用五則」の周知を図るとともに、自転車安全教室を実施しています。また、各警察署においては、晴海通りや昭和通りなどの対策重点路線などで「自転車ストップ作戦」を実施し、悪質・危険性の高い交通違反の取り締まりを実施しているところです。今後も自転車利用に関するルール、マナーの啓発や自転車走行空間の整備に努めていきます。
自転車走行空間の整備については、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会会場や主要な観光地の周辺において、自転車がより安全に回遊できるよう走行空間のネットワーク化を図る自転車推奨ルートを都が設定したことを受け、国や都と連携しながら自転車走行空間の整備に取り組んでいるところです。
令和元年度については、鍛冶橋通りや中央市場通り、清澄通りの3路線の整備を予定しています。

<質問>
大江戸まつりの入場制限について

<回答>
昨年度、本大会は77,000人の来場者で大いににぎわった一方で、年々会場が手狭となり、来場者の安全確保が課題となっています。
区では、安全確保を図った上でより多くの皆さんに楽しんでいただきたいと考えています。そのため、町会など参加団体や関係機関はもとより、来場者にもご協力をいただきながら、会場の配置を一部見直すことによりスペースを確保するなど、より安全な運営に努めていきます。

<質問>
街の美化について

<回答>
区では、平成16年に「中央区歩きたばこ及びポイ捨てをなくす条例」を制定し、区内全域の道路、公園および広場などの公共の場所における歩きたばこおよびポイ捨てを禁止しています。
今後多くの外国人来街者が想定されることから、外国語併記の条例啓発用看板・路面シートへの切り替えを進めるとともに、町会・自治会および商店街、事業所などの協力を得て街頭キャンペーンを実施し、条例の周知を図っています。
また、条例の遵守・徹底を図るため、年末年始を除く毎日、パトロール員が区内全域を巡回し、注意喚起や指導を行っています。
さらに、ポイ捨ての多い道路などにつきましては、関係部局との連携により清掃を強化し、街の美化に努めています。
なお、罰則につきましては、条例の制定に際し、区民などの意見を踏まえ、違反者に対して過料等を課すのではなく指導を行い、従わないときは、その旨を公表できるものとしています。

<質問>
晴海のまちづくりにおけるBRTターミナルの活用について

<回答>
BRTターミナルについては、晴海地区の開発に伴う交通需要の増加に合わせて、東京BRTを中心とした複数の交通モードを備えた交通結節点としての交通ネットワークの拠点となり、多言語化やユニバーサルデザインに配慮した案内表示などの整備やバリアフリー化した安心・安全・快適な次世代交通を下支えする施設であります。また、周辺のまちづくりにおいても、安全で快適な歩行空間の確保について、事業者である都や運行事業者と引き続き協議を行っていきます。

【問い合わせ(申込)先】 
地域振興課自治振興係
電話 03-3546-5337

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.