中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成30年1月21日号

平成30年4月(第2回)保育園の入園・転園・月極
延長保育申し込み受け付け

平成30年4月(第2回)の認可保育所・認定こども園(保育所部分)・地域型保育事業(家庭的保育事業・小規模保育事業・事業所内保育事業)の入園・転園・月極延長保育の申し込みを受け付けます。申し込み方法については、下表または区のホームページ、「平成30年度保育園のごあんない」をご覧ください。

受付期間
2月8日(木曜日)から21日(水曜日) 午前8時30分から午後5時

◎申し込みに関する全ての書類は、受付期間内に提出してください。提出されない場合は利用調整の対象となりません。
◎土曜日・日曜日、祝日は除きます。ただし、区内認可保育所・認定こども園では土曜日も申し込みを受け付けます。
◎区内認可保育所・認定こども園についても午後5時までの受け付けになります。

受付場所
区役所(外部サイトへリンク)6階子育て支援課保育入園係、日本橋特別出張所(外部サイトへリンク)月島特別出張所(外部サイトへリンク)中央区保健所(外部サイトへリンク)日本橋保健センター(外部サイトへリンク)月島保健センター(外部サイトへリンク)、区内認可保育所・認定こども園

◎各提出書類は直接受付場所に提出してください。郵送での申し込みは受け付けません。
◎区内認可保育所のうち、新規開設する園での受け付けはできません。
◎提出に際して、ご質問やご相談がある場合は区役所(外部サイトへリンク)6階子育て支援課保育入園係へお越しください。入園係以外の受付場所では書類の受領のみとなります。

必要書類
入園を希望する方 (1)子どものための教育・保育給付支給認定申請書兼保育所入所申込書
(2)保育の必要性を証明する書類(勤務証明書、診断書、母子健康手帳など)
転園を希望する方 (1)保育所転園申込書
(2)保育の必要性を証明する書類(勤務証明書、診断書、母子健康手帳など)
新年度分の申し込みをしており、希望園・順位を変更する方 (1)子どものための教育・保育給付支給認定変更認定申請書兼申請内容変更届
延長保育を希望する方 (1)延長保育申込書
(2)勤務証明書

◎「保育の必要性を証明する書類」は、平成29年10月2日以降に発行されたものを提出してください。
◎平成29年1月1日現在中央区に住民登録がない方は、課税証明書を提出してください。
◎日本において課税がされていない方は、年間収入申告書(会社発行の給与支給証明書を添付)を提出してください。
◎その他、必要に応じて書類の提出をお願いすることがあります。

注意事項
◎申し込み方法について詳しくは、「平成30年度保育園のごあんない」を確認してください。
◎申し込み内容に虚偽、差異があった場合は、内定を取り消します。
◎転園が内定した場合は、元の園には戻れません。内定を辞退した場合、または内定が取り消しとなった場合は今通っている園も退園となります。
◎申込期限が迫るにつれ、受付窓口は非常に混雑します。長い時間お待ちいただくこともありますので、期限に余裕を持ってお申し込みください。

利用調整の対象
・4月(第1回)利用調整で内定されなかった方
・4月(第2回)受付期間中に新たに入園・転園・月極延長保育の申し込みをされた方
◎4月(第2回)の利用調整は4月(第1回)の利用調整後に辞退などで空きが生じたクラスについて行います。

4月(第1回)利用調整から変更のある方
4月(第1回)利用調整の結果、内定されなかった方で申請内容(家族や仕事の状況など)に変更のある方や希望園を変更する方は、今回の受付期間内に「支給認定変更認定申請書兼申請内容変更届」を提出してください。変更がない方は第1回の申請内容で第2回の利用調整を行います。

家庭的保育事業の利用調整
家庭的保育事業(保育ママ)の利用調整は、4月(第2回)の利用調整後、保育園に内定しなかった方で、家庭的保育事業の利用を希望している方を対象として行います。

【問い合わせ(申込)先】 
子育て支援課保育入園係
電話 03-3546-9587

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.