このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

後期高齢者医療制度において、医療費が高額になりましたが、申請すれば戻ると聞いたのですが。

更新日:2015年12月16日

後期高齢者医療制度(75歳以上及び65歳以上の障害認定)において、同じ人が同じ月内(月の1日~末日)に支払った医療費の自己負担額が、定められた限度額(自己負担限度額)を超えたときに、その超えた分が高額療養費として支給されます。
後期高齢者医療制度加入者で新たに高額療養費の対象となる方には、東京都後期高齢者医療広域連合が、診療月から概ね3~4ヵ月後に申請書をお送りします。

自己負担の限度額は、所得状況、世帯人員などにより変わります。詳細については保険年金課給付係(区役所4階11番窓口)にお問い合わせください。

なお、住民税非課税世帯の方は、医療機関の窓口に限度額適用認定証を提示すれば、自己負担限度額を超える分を支払う必要がなくなります。
限度額適用認定証が必要な方は、保険証と印鑑(朱肉を使うもの)をお持ちになり保険年金課給付係(区役所4階11番窓口)で申請してください。

平成28年1月からは高額療養費申請書・限度額適用認定証の申請書にマイナンバーの記入が必要です。手続きの際に、書類によるマイナンバーの確認と本人確認を行いますので所定の書類をお持ちください。(所定の書類については下部リンク先をご参照ください。リンク先は国民健康保険となっていますが、後期高齢者医療制度の取扱いも同じです)

また、入院中などで区役所に来られない場合には郵送でも申請することができますのでご相談ください。

お問い合わせ

保険年金課給付係
電話 03-3546-5360

本文ここまで

サブナビゲーションここから

後期高齢者医療制度

注目情報

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る