特定個人情報保護評価の結果(評価書)を公表しています

更新日:2017年4月1日

特定個人情報保護評価のあらまし

特定個人情報保護評価とは、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)において、特定個人情報の電子データ等(特定個人情報ファイル)を持つ国や区市町村などが、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測して、情報の漏えいや事故等が起こるリスクを分析し、リスクを軽減するための適切な措置を取ることを基礎項目評価書、重点項目評価書又は全項目評価書により宣言する仕組みです。
個人番号と個人情報が結合した特定個人情報の電子データ等(特定個人情報ファイル)を利用する事務のうち、情報システムでの保有人数が1000人以上のものについては、特定個人情報保護評価の実施が義務付けられています。
本区においては、保有人数10万人を超える場合に実施する重点項目評価や重大事故が発生した場合の再評価については、情報公開・個人情報保護審議会による第三者点検を実施することとしました。(保有人数が30万人以上の全項目評価は第三者点検実施が法定義務)

特定個人情報保護評価の方法の画像
特定個人情報保護評価の方法

個人情報保護委員会(国の第三者機関)ホームページ

特定個人情報保護評価の実施結果(評価書)

区民部

※第三者点検は平成27年1月15日に実施

総務部

※第三者点検は平成27年7月2日に実施

福祉保健部

都市整備部

教育委員会事務局

お問合せ

「社会保障・税番号制度」に関することは
総務部総務課(マイナンバー制度担当)
電話03-3546-5625
ファクス03-3546-2096

「特定個人情報保護評価」の評価書の内容に関することは
企画部情報システム課管理係
電話03-3297-0211
ファクス03-5566-7500