「第65回中央区観光商業まつり」がスタートしました 10月2日

更新日:2017年10月3日

10月2日(月曜日)午前11時から、八重洲地下街において「第65回中央区観光商業まつり」のオープニングイベントとして、区内の商店街などの名産品の配布が行われ、33日間に及ぶ今年の観光商業まつりがスタートしました。オープニングセレモニーでは、先日、新たに第36代中央区観光大使・ミス中央となった3人(小島夏子さん・木内璃音さん・安田絵麗さん)のお披露目が行われ、自己紹介や1年間の活動の抱負などを述べました。また、会場には10月8日に開催される「第29回てんてん祭」や10月5日から7日に開催される「第12回にんぎょうちょうの人形市」をPRするため、人形町商店街協同組合オリジナルキャラクター「下町KING 人之助(にんのすけ)」も登場し大いに盛り上がりました。
オープニングイベントでは、今回も東日本大震災への継続的な復興支援として、来場者の皆さんに募金をお願いするとともに、人形焼、あんぱん、海苔など、区内商店街の名産品をミス中央らが手渡しで配布しました(オープニングイベントは、この後、午後0時30分から銀座三越9階の銀座テラス、午後1時30分からトルナーレ日本橋浜町前、午後2時30分から晴海トリトンスクエアにおいてもそれぞれ同様に行われました。なお、義援金は区を通じて宮城県石巻市に寄付されます)。
この観光商業まつりは、都心の代表的観光商業地区である中央区の特性を生かし区内の商業者が一体となって、区内全域でさまざまな協賛行事とともに繰り広げられます。今回は、第65回開催と区制施行70周年を記念して、区内商店街による名産品の販売やステージイベントを行う「中央区じまん市」、中央区の歴史や文化に触れながら区内全域をめぐる「宝探しゲーム」を開催します。その他、商店街と百貨店がハロウィンをテーマに装飾やイベントを行う「ハッピーハロウィンウィーク」や、区内の有名飲食店等が日本橋三越本店に集結する恒例の「東京まん真ん中 味と匠の大中央区展」、区内にあるアンテナショップ26店が参加するアンテナショップスタンプラリー、区内の各商店街がそれぞれの特色を生かして開催する協賛行事など、11月3日まで区内全域でさまざまなイベントが行われます。

第36代中央区観光大使・ミス中央の3人を紹介している写真
第36代中央区観光大使・ミス中央の3人を紹介

区内商店街の名産品を配布している写真
区内商店街の名産品を配布

義援金は区を通じて石巻市に寄付します 写真
義援金は区を通じて石巻市に寄付します

お問合せ

商工観光課商工振興係
電話:03-3546-5328