(まちの話題)人形町の「せともの市」開催中です(8月9日まで) 8月7日

更新日:2017年8月8日

下町の夏の風物詩、今年で64回目を迎える日本橋人形町の「せともの市」(主催:蛎浜会)が、本日8月7日(月曜日)から9日(水曜日)まで開かれています。
水天宮前交差点から人形町交差点までの大通りの両側の歩道に約30店舗が軒を連ね、茶碗や皿など実用的な家庭用食器を中心に、ガラス製品や漆器、台所雑貨などが所狭しと並べられています。品数が豊富な上、商品によっては市価より3割から5割程度割引のものもあり、厳しい暑さにもかかわらず地域の住民や近隣の会社員、区外から訪れる買い物客などで連日賑わっています。
また、毎年人気のろくろ体験教室や絵付け体験(有料)も開かれており、参加した方は真剣な面持ちで取り組んでいました。
お目当ての商品や掘り出しものを探すだけでなく、そぞろ歩きで見ているだけでも楽しいこの「せともの市」の開催時間は、連日午前9時から午後8時までです。

写真 多くの買い物客で賑わっている店舗
多くの買い物客で賑わっています

写真 並べられたたくさんの陶器
たくさんの商品が並べられています

写真 ろくろ体験教室で子どもが体験している様子
ろくろ体験教室