「日本橋インフォメーション」オープニングセレモニーと『名橋「日本橋」橋洗い』が行われました 7月23日

更新日:2017年7月24日

7月23日(日曜日)、日本橋の袂「花の広場」に「日本橋インフォメーション」がオープンしました。この施設は、日本橋の老舗や舟運情報など地域の観光情報を提供する「日本橋観光案内所」(日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会)と、名橋「日本橋」の歴史や道路に関するさまざまな情報を提供するPRコーナー(東京国道事務所)が一体となった施設です。この「日本橋インフォメーション」の開設を記念して、本日午前9時からオープニングセレモニーが開催されました。
また、セレモニーに引き続き、夏の風物詩・名橋「日本橋」橋洗いが行われました。今回で47回目を迎えたこのイベントは、日本橋の美化保存を目的に、年に一度、子どもから高齢の方まで、日本橋地区の町内会や地元企業など「日本橋」を愛する多くの地元関係者が参加するイベントです。全国7カ所(福井県大野市・神奈川県小田原市・岐阜県郡上市・神奈川県箱根町・静岡県浜松市・福島県福島市・山梨県富士吉田市)から持ち寄られた名水を、竹筒から橋中央に埋め込まれた「日本国道路元標」に注ぐ「名水合わせ」を行ってから橋洗いを始めました。約1,850人の参加者は、たわし、デッキブラシ、バケツなどの清掃用具を持ち、環境に優しい洗剤を使用し日本橋を手作業でていねいに洗いあげました。仕上げに東京国道事務所の散水車や消防車両により、1年の汚れを落としました。

「日本橋インフォメーション」オープニングセレモニーの写真
「日本橋インフォメーション」オープニングセレモニー

名水合わせの写真
名水合わせ

写真 「日本国道路元標」もきれいに洗います
「日本国道路元標」もきれいに洗います

写真 大勢の方が橋洗いに参加しました
大勢の方が橋洗いに参加しました