(まちの話題)夏の風物詩『名橋「日本橋」橋洗い』の開催について 7月20日

更新日:2017年7月21日

名橋「日本橋」保存会は、7月23日(日曜日)午前9時から、日本橋の夏の風物詩となっている『名橋「日本橋」橋洗い』を開催します。
今年で47回目を迎えるこのイベントは、日本橋の美化保存を目的に、年に一度、子どもから高齢の方まで、日本橋地区の町内会や地元企業など「日本橋」を愛する多くの地元関係者が参加するイベントです。
環境に優しい洗剤を使用し日本橋を手作業で洗いあげます。仕上げに東京国道事務所の散水車や消防車両により、1年の汚れを落とします。なお、渇水対策の折、節水にも配慮しています。

※名橋「日本橋」保存会とは
天下の名橋であり、五街道の起点である「日本橋」が高速道路に覆われ、美観が損なわれてしまったのは1963年のこと。この「日本橋」を蘇らせ、少しでも良い状態で後世に伝えたいと、1968年に会が発足しました。現在は「橋洗い」などさまざまなイベントを通して、日本橋のPR活動を行っています。