ブラジルオリンピック委員会との覚書締結式が開催されました 6月25日

更新日:2017年6月26日

6月25日(日曜日)、事前トレーニングキャンプ等の施設利用に関するブラジルオリンピック委員会と日本オリンピック委員会・埼玉県・新座市・立教学院・相模原市・中央区・江東区・大田区との覚書締結式が開催されました。
本区は、東京2020オリンピック競技大会開催時において、ブラジルオリンピック委員会が利用する独自の拠点として、中央区立豊海小学校(中央区豊海町3-1)の一部施設を貸し出すことで覚書を締結しました。
豊海小学校は、晴海地区の選手村とは朝潮運河をはさんだ向かい側にあり、選手村から徒歩でアクセスできる便利な場所に立地しています。学校施設は、ブラジルの選手等が家族や友人と触れ合う憩いの場(ファミリー アンド フレンズ ラウンジ)やウォームアップ、クールダウン等のトレーニングを行う場として活用される予定です。
覚書締結式では、あいさつや各締結内容の紹介に引き続き、来賓の方々や多くの関係者に見守られながら代表者による覚書への署名が行われました。
大会の中心となる選手村を擁する本区としましては、ブラジル選手団を歓迎するとともに、選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう支援していきます。
また、ブラジル選手等と区民との交流機会を創出し、特に次代を担う子どもたちにとって、一生の宝となる貴重な経験となるよう取り組んでいきます。

覚書締結式
覚書締結式

ブラジルオリンピック委員会ヌズマン会長からプレゼント
ブラジルオリンピック委員会ヌズマン会長からプレゼント

お問合せ

オリンピック・パラリンピック調整担当課事業調整係
電話:03-3546-5719