中央区立郷土天文館「タイムドーム明石」企画展 共に見よう、共に知ろう ~私たちの宝物~―新規登録区民文化財展2017―6月25日(日曜日)まで開催中 5月2日  

更新日:2017年5月8日

区では、区にゆかりのある文化財を区民文化財として毎年新たに登録・指定し、文化財保護と啓発に努めています。平成29年4月、住吉神社「佃嶋住吉御社再建仕法書」版木および長谷川時雨関連資料の2件を新たに区民文化財に登録しました。
住吉神社の版木は、江戸期の問屋仲間による社殿再建のための寄付金奉納の方法を記したもので、住吉神社の信者と経営の実態を物語るものです。また長谷川時雨関連資料は、評伝や歌舞伎の脚本執筆、雑誌の編集などで大きな足跡を残した日本橋生まれの女性作家、長谷川時雨の作品や着物、書簡類で、その多彩な活動と様相を伝えるものです。
今回の企画展では、これら2件の文化財について紹介しています。

展示の様子の写真
展示の様子

お問合せ

図書文化財課郷土天文館
電話03-3546-5537