中央区と学校法人聖路加国際大学との包括連携協定締結について 8月5日

更新日:2014年8月6日

 中央区は地域社会の発展等を目指し、8月5日(火曜日)、聖路加国際大学と包括連携協定を締結しました。

 協定の正式名称は、「中央区と学校法人聖路加国際大学との包括連携に関する協定書」です。江戸開府以来400年にわたりわが国の文化・商業・情報の中心として発展してきた本区と、1902年の病院開設以来、わが国の医療・福祉の発展に貢献し、また1920年の高等看護婦学校設立以来、看護教育のパイオニアとして歩んできた聖路加国際大学が、それぞれが持つ特長を生かし、次に掲げる事項におけるさまざまな問題解決に取り組んでまいります。

 (1)健康増進及び医学的調査・研究に関すること
 (2)教育及び文化に関すること
 (3)子育て支援に関すること
 (4)高齢者支援に関すること
 (5)防災及び防災支援に関すること
 (6)前各号に掲げるもののほか、甲乙双方が必要と認めること

 特に聖路加国際大学が持つ様々な知的、物的、人的資源を本区と大学の双方が有効に活用し科学的根拠に基づいた保健医療事業の推進を図ってまいります。

調印式を終えた聖路加国際大学福井理事長(左)と矢田区長
調印式を終えた学校法人聖路加国際大学 福井理事長(左)と矢田中央区長

お問合せ

福祉保健部管理課庶務係
電話 03-3546-5342