郷土天文館「タイムドーム明石」 第16回特別展「こどもの絵本、おとなの漫画 -永井保原画展-」 10月18日

更新日:2013年10月21日

【特別展趣旨】
大正4年に旧日本橋区本小田原町に生まれた永井保は、昭和初期の漫画、絵本挿画、水彩画、エッセイ、評伝などマルチに活躍した人物です。『銀座百点』にて昭和42年から連載した「銀座ばやし」や昭和54年から『月刊日本橋』に連載されていた「にほんばし思い出帖」に生き生きと描かれた大正・昭和の人物・風景スケッチは今も多くのファンに支持されています。
このたび、ご遺族より4000余点にもおよぶ作品と愛用品の寄贈を受けました。今回の展示ではその中から、初期の作品として漫画原画と、『キンダーブック』等の絵本原画を中心に展示します。中には子どもの頃に読んだ記憶のある作品もあるかもしれません。昭和の漫画作品と、長く愛され続ける絵本の世界をお楽しみいただき、永井保の功績と貴重な作品を多くの方々に知っていただければ幸いです。

【期間等のご案内】
期間:平成25年10月19日(土曜日)から12月23日(月曜日・祝日)
時間:火~金曜日、午前10時から午後7時
・土、日曜日、午後10時から午後5時
閉館30分前には要入場
会場:中央区立郷土天文館「タイムドーム明石」特別展示室
中央区明石町12-1 中央区保健所等複合施設6階
入場料:無料
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

【展示構成】
1.生い立ち(年譜、習作、スケッチ原画)
2.陸軍報道班宣伝班時代(戦時資料、スケッチ)
3.漫画集団(同人資料、連載漫画・政治漫画)
4.絵本漫画の世界(絵本原画、著作物)
5.観察眼・記録魔(日記、手帳、スケッチ画)など

【講演会等】
≪オープニング記念講演会≫10月19日(土曜日)
「下町はわが恋人 -画家永井保の「銀座物語」-」
講師:山本 鉱太郎(旅行作家・劇作家)

≪特別講演会≫11月16日(土曜日)
「キンダーブックと永井保」
講師:天野 誠 株式会社フレーベル館 アンパンマン室長)

会場:教育センター視聴覚ホール(郷土天文館と同じ建物の5階)
時間:午後1時30分から3時30分
定員:当日受付、先着100名
参加費:無料

【交通機関等】
最寄り駅
地下鉄有楽町線新富町駅(4番・6番出口)徒歩10分
地下鉄日比谷線築地駅(3番・4番出口)徒歩7分

関連リンク

お問合せ

郷土天文館「タイムドーム明石」
電話:03-3546-5537