2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催決定に対する区長コメント 9月8日

更新日:2013年9月10日

 本日、東京都が第32回オリンピック競技大会並びに第16回パラリンピック競技大会の開催都市に選ばれたことを心から祝福いたします。
 世界最大・最高の「スポーツと平和の祭典」であるオリンピックを再び東京で開催できることは、次代を担う子どもたちに大きな夢と希望を与えると同時に、日本全体に活力をもたらす大きな力となるに違いありません。
 23区の中心、首都東京の要である本区としましても、今回の開催が本区の魅力を世界に発信し、にぎわいに結びつけるまたとないチャンスと捉え、「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会」の成功に向け、おもてなしの心を持って引き続き全力で支援・協力してまいります。
 
 本区においては、大会のコンセプトの中心である選手村を晴海地区に建設する計画となっており、交通システムの整備や区民の日常生活に及ぼす影響など解決すべき諸課題はありますが、東京都との緊密な連携のもと、区議会や区民の皆さまとともにそれらの課題を克服し、区の発展に貢献するよう取り組んでまいります。
平成25年9月8日
  中央区長 矢 田 美 英