檜原村南郷地区「中央区の森」で植樹式が行われました 4月17日

更新日:2013年4月19日

 区では平成18年10月より広域的な地球温暖化対策として、東京都西多摩郡檜原村における森林保全活動「中央区の森」事業を行っています。この事業では、森林を荒廃から守り・育てるため同村数馬地区の37.4haの森林及び、平成24年度からは、檜原村が所有する同南郷地区の約4.9haの森林において、地元NPO法人が実施する間伐、下刈り、植栽等の森林保全活動にかかる費用の助成を行っています。
 この度、区内のライオンズクラブの皆さんから苗木500本等を寄贈いただいたことを記念して、4月17日(水曜日)、南郷地区の「中央区の森」において、同クラブの皆さんによる植樹式が行われました。
 この南郷地区では、スギやヒノキなどの人工林(針葉樹)を伐採し、コナラやカエデなどの広葉樹を植樹することにより、自然豊かな森に復元していく計画が進められています。

写真 植樹の様子

写真 森林保全活動が進む檜原村南郷地区の「中央区の森」

関連リンク

お問合せ

【問合せ先】
環境推進課環境活動係
電話 03-3546-9592