京橋築地小学校の児童が三越銀座店の屋上農園でハーブの収穫と菜の花の苗植えを行いました 12月11日

更新日:2012年12月12日

 12月11日(火曜日)午後2時から、三越銀座店9階の屋上農園「テラスファーム」で、区立京橋築地小学校の4年生約60名が、今年6月に自分たちで苗を植えたハーブ(バジル・ペパーミント・レモングラス等約150株)の収穫を行いました。
 この農園は三越銀座店9階の西側屋上部分に設けられているもので、同社における地域貢献と食育・環境教育の観点から、京橋築地小学校の児童に農業体験の場として開放しているものです。京橋築地小学校では総合的な学習の時間の一環として、毎年4年生がこの場所を活用して植物の苗の植え付けや収穫作業を行っています。
 この日の作業は、苗を提供していただいた地元のNPO法人銀座ミツバチプロジェクトの方の指導・協力により行われました。児童たちは、収穫の方法やハーブの効能、活用方法等の説明を受けた後、種類によって異なる匂いや、葉の感触などを直に感じながら、楽しそうに作業を進めました。

写真 種類によって異なる香りや葉の感触に直に触れられる、貴重な体験となりました

写真 菜の花の苗も植えました。来年の春が待ち遠しいですね