「中央区まるごとミュージアム2012」が開催されました 11月4日

更新日:2012年11月5日

 11月4日(日曜日)、今回で5回目の開催となる「中央区まるごとミュージアム」が開催されました。今日一日、無料で運行された船やバス(中央区コミュニティバス「江戸バス」も無料運行)に乗って、中央区内を縦横無尽に移動し、イベントや名所・旧跡、画廊・美術館そして水辺の風景など、中央区の有名なスポットはもちろん、隠れた名所を発見したりと、区内外の大勢の人が、中央区の魅力を余すところなく満喫し楽しみました。
 お馴染みのイベントとしては、銀座の画廊巡りや文化財サポーターのガイドによる「まち歩き」、美術館の鑑賞会、都の歴史的建造物である泰明小学校の校庭に100人以上のアーティストの作品が展示された「あおぞらDEアート」、プロ棋士が指導対局を行う「銀座将棋まつり」、日本橋人形町の甘酒横丁界隈での「人力車体験」、東日本橋の薬研堀不動院では「薬研堀講談の会」などが行われ、また、本年7月末にオープンした築地場外市場の総合案内所「ぷらっと築地」では、場外市場でお店を営むプロの方が直接指導を行う「こども料理教室」が今回初めて行われ、子どもたちがサケとイクラの海鮮親子丼づくりにチャレンジしました。
 また、晴海トリトンスクエアでは、本日から「第17回中央区産業文化展」が本日から始まるなど、区内全域で楽しい催しが催され、まさに中央区がまるごとミュージアムになった1日でした。

写真 明石町防災船着場を出航する船

写真 まち歩きでは、小伝馬町牢屋敷展示館を訪れました

写真 薬研堀で行なわれた講談会の様子

写真 銀座あおぞらDEアートには100人以上のアーティストの作品が展示されました

お問合せ

【問合せ先】
文化・生涯学習課文化振興係
電話 03-3546-5345