「中央区子ども環境サミット2012」が開催されました 7月14日

更新日:2012年7月25日

 7月14日(土曜日)、銀座ブロッサム(中央会館)ホールで「中央区子ども環境サミット2012」が開催されました。この催しは、次代を担う子どもたちが環境問題に関心を持ち、地球規模の視野で考え、身近なところから具体的に行動できるよう、「環境教育」のより一層の充実・進展を目的に、区立の4中学校と日本橋女学館中学校の2年生を対象に実施したものです。
 第一部では、「宇宙や極地での環境に関する特別授業」として、JAXA地球観測研究センター高橋陪夫主任研究員が「宇宙から見える地球とその環境」と題して、また、国立極地研究所の本吉洋一副所長が「極地から見た地球環境」と題して講演を行いました。
 第二部では、区立の4中学校と日本橋女学館中学校が「環境」をテーマとした研究成果とメッセージの発表を行いました。自分たちで行った検査で、東京の河川が汚れていることを知り、手作りの廃油石けんを地域に配布した学校や、エコプロダクツに出展している企業122社にインタビューを行い、各社が行っているエコ活動の現状を報告した学校など、環境について何を「学び」、どういう「行動」を起こしたか、また、どんな「目標」を立てたかを各校の代表者が発表しました。
 第三部では、本日参加した各学校が行っている環境学習への取り組み等に対し、矢田美英中央区長から感謝状が、永嶋久子中央区教育委員長から記念品が送られるとともに、生徒の皆さんにこの日一番の盛大な拍手が送られ、「子ども環境サミット2012」は幕を閉じました。

写真 日本橋中学校の研究成果発表の様子

写真 晴海中学校の環境メッセージ発表の様子

写真 今回の発表に携わった生徒に盛大な拍手が送られました

写真 会場ロビーの環境パネル展示の様子

お問合せ

【問合せ先】
教育委員会事務局庶務課庶務係
電話 03-3546-5503