「第17回中央区産業文化展(へそ展)」が始まりました 11月4日

更新日:2012年11月5日

 11月4日(日曜日)午前9時から、晴海トリトンスクエアのグランドロビー(中央区晴海1-8-16)で、「第17回中央区産業文化展(へそ展)」がオープニングセレモニーとともに始まりました。
 この「中央区産業文化展」(へそ展)は中央区における産業活動について、その歴史的歩み、現状、未来への展望などを広く紹介し、区内の産業の振興、発展に寄与するとともに、青少年に対する「地域産業教育」に役立てるために隔年で開催しているもので、今回は11月6日(火曜日)までの3日間の開催となります。
 今回は、「伝統をあしたに架ける中央区」をテーマに、印刷・製本産業や繊維産業、金属、建設、伝統工芸など区内の代表的な産業が一堂に会し、本区の伝統ある産業や文化が、さまざまな架け橋となって人と人を繋いでいる様子を、わかりやすい展示や楽しい実演など、盛りだくさんの内容で紹介しています。
 またステージイベントも豊富で、5日(月曜日)は3人のプロ棋士による「心と心で対局する将棋」を、6日(火)はオリンピック柔道の金メダリスト野村忠宏氏による「折れない心」と題したトークショーを、いずれも12時30分から開催します。

写真 オープニングセレモニーの様子

写真 ものづくりの文化・歴史を紹介するブース

写真 墨流し染体験コーナーでは、好きな色とデザインでオリジナルのハンカチを作ることができます

写真 毎回好評の和綴じ製本の体験コーナー

お問合せ

【問合せ先】
商工観光課商工観光係
電話 03-3546-5328