郷土天文館「タイムドーム明石」第14回特別展 「ふたつの銀座復興 文明開化とモダン文化」展を開催します 10月11日 

更新日:2015年3月2日

 近代における銀座は、明治5年の大火による焼失と、大正12年の関東大震災による罹災、昭和20年の戦災による焼失という3度にわたる惨禍にみまわれました。そして、それぞれの復興の過程で、銀座は見事に日本随一の繁華街としてよみがえりました。
 本展示では、明治5年の大火と大正12年の関東大震災という大災害と、その復興の過程を紹介するとともに、商店の営みと風俗の変遷に焦点を当て、繁華街として発展する過程をたどります。
◎本特別展の詳細は、こちらをご覧ください。※区公式ホームページのイベント情報へ
<日程>
 平成24年10月13日(土曜日)~11月25日(日曜日)
<会場>
中央区立郷土天文館「タイムドーム明石」外部サイトへリンク(中央区明石町12-1)(外部サイトへリンク)

関連リンク

お問合せ

郷土天文館「タイムドーム明石」
電話 03-3546-5537