教育環境の整備に関する基本調査報告書

更新日:2013年2月5日

 近年、本区の定住人口は力強い増加傾向が継続しています。特に、30代・40代の子育て世代を中心とする増加で、出生数も飛躍的に伸びており、今後、学齢期の子どもたちが急速に増加していくことが見込まれる状況にあります。
 そこで、教育委員会では、平成24年度に、全区域を対象とする将来的な対応に向けた学校施設整備のための基礎調査を実施しました。この調査で、区立学校の現況を把握するとともに、人口推計からの子どもたちの数の将来予測、さらには、国における35人以下学級の動向も考慮しながら、各校・園の教育施設としての課題を明確にし、必要な整備の基本的方向性を整理しています。
 このたび、調査結果を報告書として取りまとめましたので、お知らせします。

(概要)
第1章 はじめに
 1-1 調査の目的
 1-2 調査の手法
第2章 児童数等の整理と把握
 2-1 人口動向と園児・児童・生徒数、学級数の推移
 2-2 近年の児童数等の推移
 2-3 児童数等の動向と今後の課題
 2-4 園児・児童・生徒数の将来推計
第3章 学級数増加への対応の検討
 3-1 区立学校施設の現況
 3-2 調査の進め方
 3-3 調査結果
 3-4 学級数増加への対応
 3-5 増・改築等が必要となる学校・幼稚園
 3-6 整備にあたって考慮すべき事項

第4章 増・改築等の基本方針
第5章 増・改築等が必要となる5校の対応
 5-1 日本橋小学校・幼稚園
 5-2 有馬小学校・幼稚園
 5-3 久松小学校・幼稚園
 5-4 月島第二小学校・幼稚園
 5-5 豊海小学校・幼稚園
 5-6 増・改築等のスケジュール
第6章 その他の学校における対応
※ 参考資料

 こちらからご覧ください。
 最終更新日 平成25年2月28日

お問合せ

【問合せ先】
教育委員会事務局副参事
電話 03-3546-5523 ファックス 03-3546-2098