認可保育所 利用案内

更新日:2018年8月8日

保育園とは

保育園は、保護者が働いていたり、病気等の理由でご家庭でお子さんを保育することができない場合に、保護者に代わって保育をするところです。

保育園には、認可保育所、認定こども園、地域型保育事業などがありますが、これらの申込みは中央区に申込書を提出することで行います。(認証保育所、無認可保育施設は直接、施設に申し込みます。)

認定こども園は幼稚園部分と保育所部分に分かれており、このうち幼稚園部分については申込方法が異なります。詳細は「認定こども園 利用案内」をご覧ください。

認可保育所の空き情報については、「保育園 空き情報」のページをご覧ください。

注記:入園の申込みをされる前に必ず「平成30年度保育園のごあんない」をお読みください。

保育時間

保育園の開所時間は午前7時30分から午後6時30分です。
(一部の園では、上記とは別の時間で開所しています。詳細は、「保育園のごあんない」をご覧ください。)

保育時間は、園長がご家庭の状況をお尋ねして開所時間の範囲内で決定します。
(例えば勤務している方の場合、勤務時間と通勤時間を合わせた時間となります。)

注記:みちてる保育園の0歳児クラスのお子さんは、午前8時30分から午後5時30分の範囲内で保育時間を決定します。ただし、満1歳の誕生日翌日から、午前7時30分から午後6時30分の間で保育時間を決定することになります。

延長保育

1歳児クラス以上で中央区内在住のお子さんについては、保護者の状況に応じて延長保育を行っています。延長保育についての詳細はこちらをご覧ください。

保育料

保育料は各家庭の区民税額をもとに決定します。保育料についての詳細はこちらをご覧ください。

申込方法

申込期間

平成30年1月と2月、4月(第一回目)申し込みの受付期間は29年12月1日をもって終了しました。
平成30年4月(第二回目)の申し込み・変更届等の受付期間は平成30年2月8日から21日です。
5月から12月の入園を希望する場合、入園を希望する月の前々月2日から前月1日に申し込んでください。
1日が土曜日・日曜日・祝日の場合はその前開庁日が締切日となります。

なお、3月入園は取り扱いません。

申込場所

  • 中央区役所6階子育て支援課保育入園係
  • 日本橋・月島特別出張所
  • 中央区保健所
  • 日本橋・月島保健センター
  • 区内認可保育所、認定こども園

保育園のごあんない・各種申込書類は、申込場所でも配布しています。

郵送、ファクスでの受付はしていません。
また、提出に際してご相談・ご質問等がある場合には、恐れ入りますが中央区役所6階子育て支援課保育入園係へお越しください。それ以外の受付場所では書類の受領のみとなります。

利用調整

申込者が定員を超えた場合には利用調整を行い、保育が必要な程度に応じて入園を決定します。
利用調整は、中央区の保育所利用調整基準に基づき、毎月10日頃に行われます。
注記:4月入園は別日程で行います。

利用調整結果の通知

利用希望月の利用調整の結果を保護者あてにお知らせします。(利用希望月以降の利用調整の結果は、内定した場合のみお知らせします。)

内定しなかった場合は、待機となります。以下の点にご注意ください。

  • 申込みの有効期限は、支給認定の有効期間と利用を希望する月の属する年度内のいずれか早いほうです。期限が切れる前に改めて申込みが必要です。有効期限を経過しても区から通知、連絡はいたしません。有効期限が切れた場合、待機期間はリセットされます。
  • 申込内容、家庭状況、勤務状況に変更がある場合には「支給認定変更認定申請書兼申請内容更届」を提出してください。また、変更内容に応じて「保育の必要性を証明する書類」などの添付をお願いします。支給認定についての詳細はこちらをご覧ください。
  • 希望園・順位を変更する場合も同様に、「支給認定変更認定申請書兼申請内容更届」を提出してください。
  • 申込有効期間中に保育園の必要がなくなった場合には「保育所入所(転園)申込取下届」を提出してください。
  • 利用希望月以降の保留通知書が必要な方は、「保留通知書・徴収証明書等発行依頼書」をご提出ください。

面接・健康診断

入園前にお子さんの面接・健康診断を受けていただきます。面接・健康診断の結果、集団保育になじまない状況が確認できた場合、内定が取り消しになることがあります。

入園

原則として、毎月1日入園です。当月中に必ず登園を始めてください。
お子さんが園の生活に慣れるように、最初は保育時間を短くして、徐々に長くしていきます。(ならし保育)

入園した月に登園が一度もなかった場合は退園となります。この場合も保育料は1か月分かかります。

申込書類

1.支給認定申請書兼保育所入所申込書

2.保育の必要性を証明する書類(父母および20歳以上65歳未満の同居者全員分が必要です。)

会社に勤めている方

会社勤めの方はこちらの勤務証明書を提出してください。

本人や親族の方が経営する会社などに勤務している方は、勤務証明書(事業主・経営者用)を提出してください。

派遣社員の方は、勤務証明書のほかに、就業条件明示書などの写しが必要です。契約期間更新ごとに提出してください。

自身で会社や事業を経営している方とその親族

事業主・経営者の方はこちらの勤務証明書を提出してください。

対象となる方は、自分が会社やお店などを経営している方、配偶者や祖父母(その他親族)が経営しているお店などに勤務している方などです。

また、以下の書類の提出も必要です。それぞれ1種類ずつご提出ください。

営業証明A(事業の概要を確認できる書類)の例

  • 登記事項証明書
  • 営業許可書などの業の許可証
  • 税務署へ提出する開業届出書
  • 事業の名称・所在地・内容などが分かるパンフレットやホームページ

営業証明B(勤務者が継続的に働いていることが確認できる書類、直近3か月分)の例
「勤務の記録」

  • 出勤簿
  • 通勤記録
  • 就労状況申告書

「給与の記録」

  • 給与明細書
  • 賃金台帳
  • 給与振込口座の通帳(表紙と該当するページ)

「契約に伴う書類」(事業主・経営者の方はこちらでもかまいません。)

  • 契約書
  • 営業上必要な材料などの納品書
  • 営業に伴う請求書、領収証

復職予定・就職内定の方

勤務証明書に復職予定日・採用予定日を記載してください。
また、復職後・採用後には、改めて勤務証明書を提出してください。

求職活動

ハローワークカードなどがあれば、写しをつけてください。

妊娠・出産

母子健康手帳の写し(表紙および分娩予定日が記載されているページ)

疾病・障害・介護・看護

  • 診断書
  • 病院・介護施設などへの入院・入所を証明する書類
  • 障害者手帳の写し
  • 介護・看護に関する申立書

など

学生

在学証明書、時間割など

3.保育料を算定するための書類(父母および同一生計の同居者全員分が必要です。)

平成29年1月1日現在、中央区に住民登録がない方が、4月~8月利用を希望する場合
区分 必要書類
下記の2項目に該当しない方

平成29年度住民税課税(非課税)証明書
※平成29年1月1日現在の住所地発行のもの

海外在住などにより日本で課税されていない方

平成28年分年間収入申告書
※会社発行の給与支給証明書を添付してください。

生活保護を受けている方

生活保護受給証明書

平成30年1月1日現在、中央区に住民登録がない方が、9月~2月利用を希望する場合
区分 必要書類
下記の2項目に該当しない方

平成30年度住民税課税(非課税)証明書
注記1:平成30年1月1日現在の住所地発行のもの。30年6月以降に取得可能。詳しくは各自治体へお問い合わせください。

海外在住などにより日本で課税されていない方

平成29年分年間収入申告書
注記2:会社発行の給与支給証明を添付してください。

生活保護を受けている方

生活保護受給証明書

4.その他の書類(該当する場合のみ)

注記:申込時点で預け先がない場合は提出不要ですが、申込後に認可外保育施設に預けた場合は提出してください。

注記:お申込みするお子さんについて、障害・疾病・発達の遅れ・アレルギーなど、健康状態で気になることがある場合は提出してください。(平成30年度保育園のごあんないP31参照)

  • 生活保護受給証明書
  • ひとり親を証明する書類(児童扶養手当証書、戸籍全部事項証明書、事件係属証明書など)
  • 世帯員の障害者手帳の写し
  • 転入の予定を確認できる書類

など

変更時の申請書・届出書

お問合せ

子育て支援課保育入園係
電話:03-3546-5387、03-3546-9587