年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)について

更新日:2018年4月1日

年金受給者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)の申請受付は、平成28年12月16日(金曜日)をもって終了しております。

年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)の概要

賃金引上げの恩恵が及びにくい所得が少ない障害・遺族基礎年金受給者の方を対象に支援するため、支給した給付金です。

支給対象者
次の要件に全て該当する方が対象になります。
(1)平成28年1月1日現在、中央区に住民票がある方
(2)平成28年度(平成27年1月から平成27年12月までの所得)の住民税が課税されていない方
ただし、ご本人が課税されていない場合でも、課税されている方の扶養親族等(注記1)の方は対象外になります。
(3)生活保護等を受給されていない方
(4)平成28年5月分の障害基礎年金(注記2)または遺族基礎年金を受給されている方
(5)年金生活者支援臨時福祉給付金(高齢者向け)を受給されていない方

(注記1)
扶養親族等とは、基本的には税務上の扶養親族に準じます。具体的には、控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、扶養控除を受けている親族、青色事業専従者及び白色事業専従者

(注記2)
対象となる障害基礎年金
・昭和61年3月以前に受給権が発生した、国民年金、厚生年金保険(旧農林年金を含みます。)及び船員保険の障害年金(障害等級が1級又は2級(船員保険の職務上の障害年金は1から5級)の年金に限ります。)
・昭和61年3月以前に受給権が発生した、国家公務員共済組合、地方公務員共済組合・全国市町村職員共済組合連合会、日本私立学校振興・共済事業団が支給する障害年金及び船員障害年金(障害等級が1級又は2級の年金に限ります。)

支給額
対象者1人につき30,000円(1回限り)

振り込め詐欺にご注意ください

次のようなことは絶対にありません。
(1)国や都、区職員などが銀行やコンビニエンスストアなどのATM(現金自動預払機)を使って手続きをお願いすること。
(2)ATMを自分で操作して、他人から振り込んでもらうこと。
(3)国や都、区職員などが、「臨時福祉給付金」の給付のために、手数料などの振り込みを求めること。

お問合せ

福祉保健部管理課庶務係
電話:03-3546-5343