高齢者の見守り

更新日:2017年6月19日

見守りキーホルダー登録システム

外出先で突然倒れたり、徘徊により保護され身元が確認できない場合などに、あらかじめ登録された番号をおとしより相談センターに問い合わせることで、迅速に氏名・緊急連絡先が確認できる「見守りキーホルダー」を配布しています。

見守りアイロンラベル

新たに見守りキーホルダーに登録される方及び既に見守りキーホルダーに登録されている方を対象に、アイロンで衣類等に接着できる布製ラベル「見守りアイロンラベル」を希望する方に配布しています。

救急医療情報キットの配布

自宅で倒れた時などに救急隊による救急活動がより適切に行えるよう、緊急連絡先や血液型などを記入して冷蔵庫に保管しておく「救急医療情報キット」の配布を行います。

食事サービス

昼食・夕食をご希望の曜日に安否確認を兼ねて自宅に届けます。

電話料金助成

定期的な安否確認が必要な方に対し、電話料金の助成を行います。

緊急通報システム

緊急時にボタンを押すと、区の委託事業者の受託センターに通報され、救助を受けられます。

あんしんコール

はるみ訪問介護ステーションのオペレーターにつながる専用機器を設置し、24時間365日体制で、相談・支援等を行います。

地域見守り事業支援

ひとり暮らしの高齢者の方などが、地域で孤立化することなく住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、地域の方々で組織された団体で行われる「地域見守り活動」に対し支援を行います。

高齢者の見守り活動に関する協定

誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、事業者と「高齢者の見守り活動に関する協定書」を締結しました。