工場・指定作業場について

更新日:2017年3月27日

工場・指定作業場の届出

中央区において、一定の要件を備えた工場や指定作業場を設置される場合は、東京都条例である「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(略称 環境確保条例)」に基づき、事前に手続きが必要になります。
対象となる工場・指定作業場については、東京都環境局ホームページの外部サイトへリンク環境確保条例による規制対象となる工場等(外部サイトへリンク)をご覧ください。
また、工場・指定作業場について、廃止や所有者の変更などを行う場合は、届出書に添付書類を添えて提出してください。

工場・指定作業場に対する騒音・振動の規制

騒音規制法、振動規制法、環境確保条例により工場や指定作業場から発生する騒音・振動には、規制があります。
詳細は、東京都環境局ホームページの外部サイトへリンク工場・事業場等に対する騒音・振動の規制(外部サイトへリンク)についてをご覧ください。

化学物質の適正管理について

工場や指定作業場を設置している者で、外部サイトへリンク「適正管理化学物質」(外部サイトへリンク)を年間100Kg以上取り扱う事業者は、毎年6月末日までに使用量等の報告が必要になります。
また、従業員数が21人以上の適正管理化学物質取扱事業所を設置する事業者は、化学物質管理方法書の提出が必要です。

揚水施設について

環境確保条例により、地盤沈下を防ぐために揚水施設(井戸)を設置する場合には、外部サイトへリンク構造基準・揚水量等の規制(外部サイトへリンク)がかかります。
また、毎年1回の揚水量報告が、義務づけられています。

お問合せ

【問合せ先】
環境推進課環境指導係
電話03-3546-5404